FC2ブログ

Welcome to my blog

ドリアングレイ

私のシャリアン・・ドリアングレイ

5 0
ついに、ドリアングレイを見送らなければならない日になりました。
プレビュー公演9月1日から始まって
全部で54回(プレビューを入れて56回の
その55回、56回目を今日迎えることになりました。


千秋楽を迎えるにあたりまして
私も何日かかかりながら
自分のシャリアンへの思いをまとめてみました。

ジュンスさんのドリアングレイを観劇して・・・


201610141005049910_7_2016102907041011a.jpg


悲願のジュンスさんのミュージカルを観に行けたのですから記録しておこうと思います。
私にとっては本当になかなか行くことが難しかったジュンスさんのミュージカルですから
こういうのを見て来よう!感じて来ようって
私が行く前に思ったポイントが整理すると3つあるんです。



まず一番目 今のジュンスの美しさを思う存分感じて来る、表情動作を見逃さないこと
二番目 ドリアンは救いを受けることができたのか
三番目 ジュンスミュージカルを愛するということ そこから私が感じること

ジュンスのモーツァルトの時に一緒にしてくださったユ・フィソン様が
ドリアングレイを真善美の観点からそれを3人のキャラとして分析してくださったけれど
この内容はまさしく私にとってのドリアングレイに見るジュンスさんの
真、善、美って感じなんですけど


この内容に沿って整理していくと・・

先ずは順序が逆になってしまいますけど



ジュンスがミュージカルを愛するということ そこから私が感じること
ジュンスの真実、魅力がミュージカルでどんなふうに現されているんだろうか・・


以前にジュンスがミュージカルでなければ感じることができない感動、喜び・・と話していますけど
ジュンスがミュージカルを本当に愛してるその気持ちを感じられればと思いました。
これは私が、どうしても音楽ファンということもあって
コンサート、アルバムは最初から最後まで
本当にジュンス!で溢れていてそれだから好きだし
演技しているジュンスじゃないですからそれでやっぱり私にとっては優先される部分でしたし

ミュージカルはもともとそんなに興味がないというか敷居が高い部分があってなじみがなくて
ジュンスのミュージカルだから韓国まで行って見たいな・・という感じですけど
ジュンスが本当にミュージカルをずっと続けているその魅力はどこなんだろうっていうことも感じて来れたらという気持ちがありました。

でもこれは・・
本当に感じることができたんです。

また違う私の歌の最後の部分で
階段を駆け上がり

”もうひとりの私、もうひとりの私
隠された私~~”と歌ってドアをバン!!って開けて
歌い終わり場面転換のその時にいっぱい拍手しながらなんかすごく
ああ!!って胸がいっぱいになったのを覚えてます。

ジュンス本当にミュージカルこうやっていろんな方と一緒に
ひとつのものを創り上げていくことに
すごく喜びとやりがいがあることなんだろうな・・って
幸せなんだ~って


アルバムに関しては、ほぼセルフプロデュースみたいな
自分で選曲をしてそのプロデュースに大きな力を自分が発揮しながら作っていますよね。

もちろんアレンジやミキシングはそれの技術やセンスを持っている方がしているし
それは感じることができますが

音楽はやっぱりアーティストをプロデューサーがどうやってそのアーティストが持っている
自分でもわからないような魅力を引き出すことができるかというのが大きい部分だと思いますので
そういった意味でそういう自分を任せることができるプロデューサーと出会えて
ジュンスが感動できるような自分でも知らない自分に出会える音楽をクリエイトできるそういう環境があるといいのになってすごく
思ってきた部分なんですけれど

それが、ミュージカルにあるんだなって
ミュージカルでそんなジュンスに出会えることができる
ジュンスも知らなかったジュンスの魅力
私たちもアルバムやコンサートではわからないジュンスの魅力、才能を
本当にこのドリアングレイでは引き出してくれていました。

それは、演出家さんが、こんな演出がジュンスならその魅力で引き出せると考えて
ジュンスだからできるドリアンを念頭に
登場シーン、ダンスシーン、誘惑シーン、アヘン窟シーン・・
あげてたらきりがないですね。
全てのシーンを創り上げていたからです。


Againt nature!!
これほんとにミュージカルの歴史に残して世界に知らせたいって思いますよね!
けっこうコンサートみたいだって感想が最初に出ていて
これについていろいろ言われていたみたいですけど
韓国のミュージカルではなかなかない試みなんですかね?
もちろん主役があれだけ歌ってあれだけ踊れるって人がいないから
主役は歌を歌って
アンサンブルがダンスするってのがそうでしょうし
ジュンスが話していたように韓国のミュージカルは歌が主流だったらなおさらですよね。
主役は歌、
ダンスはアンサンブルって別れていたとしたら
歌謡番組で歌うみたいになっちゃうじゃないですか?

まさしくこれはコンサートみたいって感想ではなくて
私はドリアングレイというミュージカルが引き出してくれた
ジュンスの魅力だと思いました。

ドリアンが
堕落の道につき進んでいく時間の流れの中で
自らの良心の呵責に対して悲鳴をあげながらも
神に宣戦布告して
そしてこれは自分が選択したこと
善なることであると自己弁明している場面ですね。


そして歌!!
音楽が本当に素晴らしくて
そしてジュンスが感情によってそのボイスが変化すること!!

もともと歌に感情を込めてドラマティックに歌いあげてその歌の中のドラマを作り上げる才能は最高なんですけど
このドリアンという役柄が
幅の広いそして複雑な内面を表すのに
またそのボーカルの変化がすごい!
これまたジュンスのポテンシャルを最大限に引き出していたと思いました。



まさしく総合的な芸術と言われるミュージカルの中で
発揮されるジュンスの立体的な魅力
それを観客に思う存分感じさせてもらえる
それがこのドリアングレイにはあったと思います。

ジュンスさんの隠された真実の魅力を引き出すという力が
ミュージカルにある・・
そういう部分で私はジュンスがミュージカルをこれからもずっと愛して
続けてくれると嬉しいなって思ったりしました。

そういった面で

ドリアングレイはジュンスの真の価値を見せてくれた って思います。





次に
善の部分になると思うのですが
ドリアンに救いはあるのか・・



ドリアングレイをすることを知ってすぐに原作を読んだ時に
こんな悪い絶対私は許せない、なんの救いもそして良心もない人をジュンスがするなんてって
すごくどよ~んとなりました・・
最後は自分の良心である肖像画をもう見たくないと切り裂いてしまうという短絡的な行動が
結局自分の死をもたらすという・・なんとも救われない・・


でも再解釈をしているという話に望みをかけて
いったいドリアングレイに救いはあるんだろうか・・
ストーリ的にはそこが興味があり
やはりこの難しい役にジュンスがどんなふうに掘り下げて行くのか
その姿はどんなだろうか・・
ドリアンに救いをもたらしてくれるのだろうか・・


これは、本当に皆さんが感じている部分だと思いますが
作品への愛情、キャラクターへの愛情を持って脚本にし
また大衆性を付加するために人が感動できる誰でも持っている善なる
そして良心の叫びをドリアンに明確に与えたという部分がすごく大きいですし
それをジュンスが本当に観客に納得できるように演じていたと思います。

もちろん、これはバジルが自分の魂もその絵の中に込めていて
だから自分もドリアンの苦痛がわかる 良心の叫びが聞こえているんだと
何度もドリアンに語りかけていることも大きいと思います。

そのバジルの必死の語りかけに心を動かされ痛みを感じながらも
ヘンリーの呪文のような
”快楽~人間の頭の中の罪悪にすぎない”という思考(その繰り返して出てきてどれだけドリアンの心を支配しているか)に支配をされて
それが自分が選択した道として選んだというその表情・・
痛々しいです。


ラストのドリアングレイでのあの悲惨さ
壮絶な姿・・

イ・ジナ監督は
人は良心から自由になれるのか・・という話をテーマとしていましたけど

シビルがドリアンから捨てられたことで自殺してしまった後にドリアンがどうしたかという
その時の心、そして行動が
最初の決定的な堕落への道を示していくんですが


ドリアンはシビルが死んだことを自分のせいだと感じる当然の感覚を持っていて
大きく嘆き
そして自分のせいだと言い
自分は善なる生き方がしたいんだとバジルとヘンリーにすがります。

こんな苦痛をうけて耐えられない
自殺するなんてまでなことはしてないとまた自分を弁護しようとします。

そこにヘンリーは言葉で付け込んできたわけですけど




私はドリアンがヘンリーがオペラを見に行こうと誘った時に
いいですね、と言いながらバジルのほうを見ているのがすごく気になったんです。
はぁ!
その時にバジルが怒りまくってくれたら!ドリアンに!!!


良心の束縛を受けない
良心から自由になった幸せや喜び 歓喜・・
道徳に囚われない感覚の完成、
罪意識のない感覚的な堕落・・
そんな机上の哲学の理想をドリアンで実現しようとするヘンリーに対して


バジルは
悲しみ、苦痛を経験して人間は幸せの価値がわかる
それが人間が数千年探し当ててきた一番理想的な生き方
人間には魂があって
目に見える肉体の快楽よりも重要なのは魂の快楽だと訴えます。

そして結果はドリアンを見ていればわかるとヘンリーはいいます。

結果肖像画が最初に変化している事を知る
ドリアンの恐れ、そして慄き・・


イ・ジナ演出が言っているテーマの答えは明確です。

良心から自由になるとはどういうことか
良心というのはそれに従って生きるからこそ人は自由なのではないかと
そして心地よい幸せを得ることができると思います。


善なる生き方をして
幸せになりたかったドリアン・・

あのありとあらゆる悪事をしながら
良心の叫びを封印し
魂のある本当の自分である
肖像画は傷ついて醜くなって行く姿を見つめながら
それを知っていながらもつき進むしかなかった
かわいそうなドリアン・・

最後にヘンリーに
失敗した
もうお前は美しくないと言い放たれた・・

ドリアンは自分の良心であるバジルを自らの手で抹殺してしまったんです。

でもそのバジルに
自分が自分の良心が醜くなっていくのを自覚しているとわかってもらっていて
それで救われるんだよと最後言ってくれたのが
どれだけの救いだったのかと思います。
バジルはけっして肖像画を見ても
君はもう美しくないとは言わなかったんですよね・・

観客はそんなバジルの姿に
そして、ドリアンがどれだけ苦しんでいたかというのを納得できる
ジュンスの演じるドリアンの姿に
こんなドリアンに救いをもたらしてほしいと
切に願ったのです。



私が願っていたドリアンに救いがあってほしい

それは話の中ではわかりません。それぞれが感じることでしょう・・
救われたかどうかは不明です。
ただ本当に救われて欲しいと思える
そういうキャラクターとして
憐れみを受けることができるキャラクターにさせたという事を
はっきりと感じました。
それはきっとドリアンの救いにつながっていると思います。

この部分が私はジュンスがしたから
そのジュンスの善なる部分がもたらしたものだと思っています。



そして最後にやっぱり一番のポイントにあげる
ジュンスの美しさ!
これです

一番ポイント 今のジュンスの美しさを思う存分感じて来る、表情動作を見逃さないこと


タランタレグラの時から
インクレディブル
フラワーそして
XIGNATUREとアルバム毎に新しい姿と美しさを見せてくれていたジュンスですが
本当ますます素敵になって
今30歳で内面もさらにかっこよく、男らしく、そしてしなやかでそれがもう外面に現れて素敵すぎる
今の輝くキム・ジュンス!!!




その今しかないジュンスの美しさ
これ本当に今しなかいし
もちろんこれからももっと美しいでしょうけど
でも今のジュンスは今しかいない!

その美しいジュンスが
美しい男というドリアンを演じるのですから・・思う存分にこの目でしっかりと感じてこないと!!
って思いました。

絶対に表情ひとつ
動作ひとつ
歌詞、セリフひとつすら見逃さないぞ!!
っていう決意で!
なのでほんとに双眼鏡でずっとジュンスを追っていたわけで
シビルの大根役者演技については
実は声しか聴けていなくてすみません・・
右上にいるドリアンが本当愛らしくて❤
見ないわけにはいかないじゃないですか・・


今、ほんとに今しかないジュンスの美しさ
まさしくそれに驚嘆しました。



この時にこのジュンスのキラキラした美しさ、魅力を思う存分に魅せることができるなんて
ドリアングレイというミュージカルにほんとに感謝するし
そしてほんとにこれは映像としてこの表情やジュンスのダンス、身体の動き・・を残さないといけないって思います。
本当にDVDとして残してほしいです。

最初に登場する時のドリアン・・ほんとに流麗でバジルが精神と肉体の完璧な調和と感動したドリアン!ほんとに美しくて~
現代舞踊みたいなバレエみたいな身体の動き、
美しさというものを表現するのにはダンスがやっぱり大切ですね~
しかもジュンスだからこそ表現できる美ですよ!!


そしてヘンリーの煌めく美しさを歌っている時!
ヘンリーと話をしたり紹介を受けてる時は
目がきらっきらで
ほんとに純真な少年で恥ずかしがり屋ながらも人懐っこい感じのまなざしをしていて
それでヘンリーみたいな言葉の魔法を持ってる人に今まで会ったこともないから
歌のはじめのうちは
興味津々で魅力を感じて何言ってるんだろうって怪訝な感じから
途中で目つきが変わっていくなんかそんなのまで
なんか悪いもの入ってきた!!って感じの目つき
すごいすごい!!

ヘンリーの魔術のような

堕落した~純潔な~このわかり得ない人生よ~~
奇異な歓喜苦痛 人の人生よ~
ってところのフレーズを
ドリアンが3回歌う場所がありますけど

一回目はこの時
二回目はagaint nature
そして3回目がバジルの誘惑シーンなんですけど

それ本当に同じフレーズですけどまったくボーカルの色、トーンも演技も表情も違う

ジュンスってここまで歌とボーカルに感情を載せるのが自由自在だなぁって
ミュージカルをすると本当に普段歌を歌ってる時もそう思いましたけど
まさしく!!その幅のすごさに恐れ入りますね。

一回目は、自分の知りえなかった生き方とかそういうのに憧れる感じで歌うし
二回目の時は、自分の選択した生き方なんだって感じの断固とした感情がわかるし
最後は悪い悪い~~自分がもうバジルをそういう生き方しろよって誘惑する側ですから。



誘惑シーンの悪いこと悪いこと!!
退廃的な美を示すシーンとして
まさしく耽美主義の世界を表し
ドリアンがどれだけ致命的な美の魅力の持ち主だったかを表す場面としての誘惑シーン
これも今のジュンスの美しさ
はぁ・・
こんなのはたしかにコンサートでは見れないです。
ジュンスに難しい注文をしても
やってみます!と言ってくれてありがたいと演出さんが言ってたと思いますけど
まさしくこんなシーン挑戦するには勇気のいるシーンですけど
耽美主義を表すにはないといけない場面ですし
本当に美しすぎます。
あの誘惑に勝てる人は誰もいないでしょう・・

それでバジルは絵を見ないと!いう決意を見事に折られてしまいます。
ドリアンにとっては絵を見せたくないという目的を達成するために
自分の美しさを武器に誘惑してまんまとそのとおりにしたんですね。
そのバジルの心の変化を納得できるドリアンの美しさというものがあったから
このシーンも成り立つことができたんです。






純粋、純真
バジルが自分の芸術性を目覚めさせたアドニスのドリアン
本当に少ない場面で現さないといけないし~
シビルとの愛もこれまたそういうシーンがないんですけど
それでも

”あなたは誰なのですか?”の曲の前後で十分にどれだけ愛しているか
伝わってきました。
僕はあなたのためなら今死んでもいい~って歌うドリアン
ほんとにほんとに幸せそうだったんです~


あんなシャリアンも、こんなシャリアンも美しすぎて!!

今回は、特別に創作で、またジュンスがいろいろと製作にも意見を出したりしながら
そしてジュンスがいたから演出したと言われるイ・ジナ演出
キム・ムンジョンさんもジュンスがやってみましょうよと言ってくれたから
そして脚本のジョ・ヨンシン作家もジュンスを言及しながらドリアンを考えていたとい
どれだけのプレッシャーだろうかと思いましたし
本当にどれだけすごい覚悟でジュンスがこのミュージカルに挑んだのか・・



ミュージカルではさらにキャラクターを研究してそのビジュアルを納得が自分でもいき、
観客にも納得がいくように限界までストイックに挑む
本当に一生懸命の
アーティストであり俳優・・
もう本当にその情熱の原動力はファンや観客に報いる
今までの愛に報いたい
今の愛に報いたい・・その原動力がもの凄く強いんだなと感じます。
だからその美しさ
単なるビジュアルだけではない
そういう情熱、もうこの一瞬に命がけの美しさ
それを人は感じないわけにはいかないし
感動しないわけにはいかないんです。



ジュンスの真の価値魅力を最大限に引き出すことのできるドリアングレイという演目で

その中で善に対する人として全うな感覚に訴えかけて
救われて欲しいと願ってもらえるキャラクターとして説得力をもたらして

それだからこそ美というものを
単なる瞬間のビジュアルだけでなくて
感動を伝えることができる
心に永遠に訴えかける本当の美を
ジュンスの演じるドリアンの中に見ることができ
ジュンスだからこそのドリアングレイが私の心にいつまでも残っていくことでしょう・・


そしていつか、またお会いしたいです。


青い血管が心臓を突き抜け
私を目覚めさせる
赤い光が 私の身体を再び起こす
黄金に輝く天国が私に繰り広げられる
美しい少年が私を呼ぶ
(ドリアングレイ歌詞中)




最後まで怪我なく幸せな時間を過ごしてほしいと願いながら
全てのジュンスを大好きな人たちが応援してきたと思いますが
本当にその日を迎えて
毎日、毎回、真心を尽くし
全身全霊でドリアンを演じていたジュンスに大きな拍手をまた送りながら
寂しいけれど
ドリアングレイを見送りたいと思います。


(むちゃ長くなってしまったんですけど
ほんとにずらずら書いてたらもっともっと長くなりそうなところ
やっとこんな感じにまとめました。
もし最後まで読んでくださった方がおられるのなら
本当にありがとうございます!)


201610141005049910_6_201610290704097da.jpg





 
キム・ジュンスXIAジュンスJUNSU준수ミュージカル

5 Comments

There are no comments yet.
素晴らしい!

Cocoperu  

2016-10-29 14:39

素晴らしい解釈! 心して最後の公演 観てきますm(_ _)m

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2016-10-31 12:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: 素晴らしい!

usappi  

2016-11-01 07:25


Cocoperu さん、千秋楽に行かれたのですね!

ありがとうございます。

EDIT  REPLY    
管理人のみ閲覧できます

-  

2016-11-01 18:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT  REPLY    
Re: ジュンス バースデーカード

usappi  

2016-11-03 18:11

こんにちは~

バースデーカードの送り先は、あとでメールでお知らせします。
まだお知らせできていないので今しばらくお待ちください。

EDIT  REPLY    

Leave a reply