FC2ブログ

Welcome to my blog

ドリアングレイ

‘ドリアングレイ’キム・ジュンス、最後の公演所感、“忘れることのできない作品、今日は祝杯を上げる”

0 0
‘ドリアングレイ’キム・ジュンス、最後の公演所感、“忘れることのできない作品、今日は祝杯を上げる”

http://news.topstarnews.net/detail.php?number=221531


1477809783-19.jpg


[トップスターニュース=アン・ウンギョン記者]
去る29日城南(ソンナム)アートセンターオペラハウスでミュージカル‘ドリアングレイ’の最後の57回目公演が盛況のうちに終わった。 2か月という時間の間全て‘ドリアングレイ’として生きたキム・ジュンスは最後の公演を成功裏に終えた所感を伝えた。

昨日’ドリアングレイ’最後公演ででミュージカル300回という意味深い時間を迎えたキム・ジュンスは“ダンスのため膝をケガして毎日絆創膏付けて、サポーターをつけることもした。 初めにはダンスがあって喉の管理が楽じゃないかと思ったけれど、ダンスはダンスで難しいし、歌は歌で難しかった”として“ダンスも、歌も、演技も思いっきりした。 惜しみなくいろいろとした公演、大変だったが忘れることのできない作品として記憶されるようだ。 良い作品でお目にかかる。 今日は祝杯を上げます。”という所感を伝えた。



開幕前から話題を集めたミュージカル‘ドリアングレイ’は舞台、演技、音楽の絶妙の調和でwell madeミュージカルの誕生を知らせて創作ミュージカルの新しいパラダイムを提示したという好評の中に続いてきた。 この中でキム・ジュンスはタイトルロール‘ドリアングレイ’を引き受けて57回の間、劇の中心点に立って観客に会ったし、しっかりとした経験値と独歩的なキャラクター消化力でミュージカル俳優として一段階成長したを面目を誇示することもした。

特にキム・ジュンスは毎公演ごとに驚くべき歌唱力と成熟した演技力で、美しさに向かった快楽を味わった後ますます堕落する主人公‘ドリアングレイ’の破滅の過程を説得力があるように表現し遂げて小説の中キャラクターより一層アップグレードされたキャラクターに完成させたという観客の絶賛を受けた。 また、京畿道に位置した公演会場、公演業界オフシーズンという地理的、時期的悪条件の中でも最後の日2回公演が全席売り切れを記録するなど高い占有率でもう一度興行力を立証することもした。

キム・ジュンスの‘ドリアングレイ’最後の公演を共にしたファンたちは“彼でないドリアンは想像できない。 キム・ジュンスなので幸せだったし、57回を無事によく終えてありがとう”、“私の心を震わせたドリアン、永遠に忘れることができないでしょう”、“ドリアンと幸せだった夏の日、デスノートも期待しますね”等のメッセージを伝えた。

一方、57回ワンキャストをやり遂げて二度とない名品公演をプレゼントしたキム・ジュンスは来る12月10日~11日蚕室(チャムシル)室内体育館で開く単独コンサート‘2016 XIA Ballad&Musical Concert with Orchestra vol.5’で観客に会う予定だ。


キム・ジュンスXIAジュンスJUNSUミュージカル준수

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply