FC2ブログ

Welcome to my blog

ジュンス、XIA,준수

[単独]「赤マル」で盗しカメラ犯罪を防ごう... 10月30日の行動の日 (記事訳)

0 0
[単独]「赤マル」で盗しカメラ犯罪を防ごう... 10月30日の行動の日

【中央日報】
http://news.joins.com/article/22040730

赤マルプロジェクト芸能人1号参加者俳優ソル・ギョングの認証写真
(写真は元記事にあります~)



 23日午後、国内のある動画共有サイトで成人認証後、検索ウィンドウに「盗撮」をいれると "この女盗撮されてることを知らないで」「彼氏盗撮」「OOヘルパー盗撮」など扇情的なタイトルの映像がずっと上がってきた。本映像を短く編集したプレビュー映像には、半裸の女性の姿があった。画面に表示された20個の映像のうちの半分が、このような類であった。盗撮はまだ消えていない。
   
昨年盗撮犯罪5185件「盗撮共和国」
デジタル性犯罪を防ぐ「赤マル」キャンペーン進行
携帯電話のカメラの警告の意味赤マルをつける
SNSに芸能人などのキャンペーン参加ずっと続く
一か月もしないうちに準備物量6万排出追加製作
全国拡散10月30日赤マル行動の日

結婚を控えた20代の女性は、知人からの前のボーイフレンドと一緒に撮影されたと見られる隠しカメラ映像がオンラインに広がっているという話を聞いた後、対人忌避症状を示す。動画の削除を専門とするた会社関係者は、「依頼人に電話をかけると、被害者の家族などから「自殺した」という話を聞いたことがある」と伝えた。
  
盗撮などのデジタル性犯罪は深刻な水準だ。警察庁によると、2011年1523件だった盗撮犯罪は昨年5185件3倍以上に増えた。今年8月現在3914件だった。放送通信審議委員会に提出された隠しカメラなどの映像の削除要請件数は昨年だけで7235件に達した。
赤マルプロジェクトに参加した歌手コミの認証写真。


  
「盗撮共和国」、現実には、社会関係網サービス(SNS)を中心に広がっている「赤マル」のプロジェクトが注目されている。このプロジェクトは、京畿南部地方警察庁と光云大公共コミュニケーション研究所(LOUD・ラウド)が隠しカメラの犯罪を防ごうという趣旨で、先月15日から推進しているキャンペーンである。
  
盗撮ツールとして悪用されているスマートフォンのカメラのレンズの周囲に注意・警告・禁止のメッセージを与える赤ステッカーを貼付、デジタル性犯罪の深刻さについて共感し、これを解決するために努力するという意志を込めた。
赤マルプロジェクトに参加中の俳優ムン・ソリが盗撮の問題知らせよう設定して撮影した写真。

  
デザインは、周囲から容易に見ることができるスピード禁止交通標識に注目した。子供保護区域の場合、時速30㎞を超えないという意味で赤い円形の数字30が書かれているのを見ることができる。
  
私たちの周りに非常に近くにあるけれど、今は注意しなければなら物になったスマートフォンのカメラのレンズの周りに直径5㎜の赤マルで囲んで盗撮に対する一種の抵抗信号出そうという趣旨だ。光云大公共コミュニケーション研究所イヒョング研究員が具体化した。
  
参加方法は簡単である。赤丸を付けた認証画像をハッシュタグ(#)が付いた「私は見ません」「私は監視します」というメッセージと一緒に書いて、自分のSNSや京畿南部警察庁公式フェイスブックにあげ参加すればよい。
赤丸プロジェクトに参加している俳優ユ・ジテ。

  
「私は見ません」フレーズは、ドキュメンタリーイ・ソンヒ監督のアイデアだ。この監督は望まない撮影したり、流布されたセックス動画についてフレーズの内容のようなキャンペーンを提案した人物である。
  
イ・ジョンヒョク光云大公共コミュニケーション研究所長は「盗撮犯罪が重要な社会問題になったが、小さな抵抗を始めてみようという次元で始まった」とし「赤マルは、問題の深刻さを認識しているという信号を互いに送る。公共の問題の解決に役立つだろう」とした。

赤丸プロジェクトデザイン。 [リリース光云大学公共コミュニケーション研究所]

1㎝にも満たない小さな円形の共感は大きかった。ネチズンの間で広がり、キャンペーン4日間に人気映画俳優ソル・ギョングさんが参加した。現在は俳優ムン・ソリ・ユ・ジテ・リュジュンヨル・ラミーとなど歌手ゴミ・オーマイガール、体操オリンピック金メダリストヤンハクセンなど80人余りが参加している。チェインソクファソン市長、グァクサンウク オサン市長など地方自治団体長はもちろん、緑オモニ会、10代などでも拡散した。
  
京畿南部警察は、キャンペーン参加市民100人を対象に最近アンケート調査をしたところ、「盗撮撮影犯罪根絶に役立つだろう」という肯定的意見が76.6%に達した。
  
赤マルシールは京畿南部警察管轄警察署の民願室や交番で受けることができる。参加を希望する団体は、京畿南部警察庁フェイスブックメッセンジャーや広報室(031-888-3115)にお問い合わせください。初期6万本を製作した、すでに排出されて、10万個を追加製作して配布している。
 



京畿南部警察は来る30日に赤丸プロジェクトサイバー行動の日決めた。 SNSなどを通じて赤丸シール付認証ショットを上げる運動を進める予定である。全国民のキャンペーンに発展させるための企画である。
 

赤丸プロジェクトへの参加を希望する市民は、自分の携帯電話に赤丸シールを貼った認証ショットと「私は見てませた」などのメッセージを込めた記事をSNSに上げればされる。前京畿南部警察は行動の日を迎え、知人の紹介を受けたことが万人が参加すると予想している。
  
ギムギョンウン京畿南部警察庁広報企画係長は「市民の小さな実践が集まれば、私たちの社会が抱えている大きな問題を解決することができる」とし「カメラ等利用の撮影犯罪根絶のためのサイバー行動の日に多くの参加を望む」と述べた。







ということです。
大きく広がって
10月30日!
キム・ジュンス一警の認証もあがると話していましたね!
期待しています!


こちらの記事はFBでの人気投稿のピックアップ記事です。
ジュンスの関連がふたつ10位内に入ってます。
http://m.the-pr.co.kr/news/articleView.html?idxno=25476


京畿南部警察は盗撮犯罪を防止するために、進行中の赤マルプロジェクト推進に積極的に乗り出した。
フェイスブックのコメントイベントに参加した人々のうち30人を抽選して、Facebookのライブを披露しました。

京畿南部警察広報副団長とキム・ジュンス、キム・ヒョンジュン隊員ら3人が登場して抽選ショー(?)を進行しましたね。この他にも義警について質問すると即座に答えてくれます。一時間ほど続く睦まじい広報団3人の気の利いた話術に固定的に企画してほしいという要請の声も聞こえます。



警察庁は、第72周年の警察の日(10月21日)を迎え、広報映像OSTを公開しました。キム・ジュンス義警が歌った「あなたと一緒に」という曲です。切なる音色と悲壮な歌詞、そして映画のワンシーンのような映像美が曲をより豊かにしてくれます。

"すべての時間のすべての場所で、あなたと一緒で良かった♪倒れ泥まみれになっても、あなたなので私はそれでも大丈夫♪」


キム・ジュンスXIAジュンス준수

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply