Welcome to my blog

ジュンス、XIA,준수

いつまでキム・ジュンスを「顔のない歌手」として会わなければならないのか

0 0
いつまでキム・ジュンスを「顔のない歌手」として会わなければならないのか
2018.12.05

http://www.withinnews.co.kr/news/view.html?section=1&category=157&item=&no=17204

15439759750043.jpg


キム・ジュンスなら転役と同時に放送関係者から迎える競争に血眼になければならないのが正常である。(写真提供= C-Jes)



「放送をできなくなって、すでに7-8年である。そこに軍隊を行って来たので、ほぼ9年間出演していなかった。放送に出てくる皆が羨ましかった。その間私はずっと停滞した感じだった。」

 

過去2日、ソウル松坡区蚕室室内体育館。カムバックコンサート「WAY BACK XIA」の舞台でキム・ジュンスは、これまでの心に積み重ねてきた本音を慎重に取り出した。大きな勇気を出さなければ、数多くのファンとメディアのいる公開席上でなかなか言い表し難い話であった。しかし、彼は率直で淡々と心境を解放した。



彼はファンのために申し訳なさに声を詰まらせ、彼の胸のつまる告白を見守る観客は一緒に涙を流した。



キム・ジュンスは「ある日内務室でテレビを見ていたら、ある俳優たちがブラックリストのために10年間放送に出演をしていなかったが、今になってするようになったそうだ。それを見て、本当に応援したかった」とため息をついた。さらに「放送をしていないのに、芸能人と呼ばれるのが正しいのだろうか?」という考えまでしたと打ち明けた。



また「1等は望まもない。ただし一度や二度でいいから、放送で歌いたい。様々な芸能番組で私の話をしたい。 「私にもそんなチャンスが来るのだろうか」という考えにとめどなく泣いた。裁判も全て勝ったが、このように長い時間の間放送ができないとは思わなかった」と首を横に振った。



実際に前所属会社との専属契約紛争と以降のすべての訴訟で勝訴したが、キム・ジュンス(JYJ)は、放送に顔を見せることができなかった。その間これら出演したプログラムは、ほとんどの教養制作部が演出したのだった。キム・ジュンスが放送でマイクを握って歌ったのはEBS <スペース共感」が唯一だ。当時キム・ジュンスの6年ぶりの地上波に出演して大きな話題を集めた。



もちろん、YouTubeやインターネット個人放送など自分自身を公開して、コミュニケーションすることができる通路が以前に比べて増えたのは事実だ。しかし、放送が持つ象徴性とはくらべものにならない。大衆アクセシビリティや波及力、芸能人には欠かせない認知度はまだ放送の影響力が絶対的である。



彼が、放送から姿が隠されている間、一般の誤解は大きくなった。さらに軍隊で出会った仲間も彼が放送を嫌って恣意的に出演していないのだと思っていた。音楽を流通し、大衆と疎通することができる大規模な窓口を失った彼は今、自分のコンサートを訪ねてきてくれた10代のファンが不思議なくらい心理的な乖離感を感じさせた。



事実ボーカルとパフォーマンスなど、どの面から見ても、現存する最高のアイドルという評価を受けるキム・ジュンスなら転役と同時に放送関係者で迎える競争に血眼になければならないのが正常である。毎回進化したトレンドを前面に出してアルバム市場はもちろん、ミュージカルの舞台まで掌握した幅広いスペクトルを持つ韓流スターを放送で会うことができないという現実自体が皮肉だ。カリスマとキューティーを兼ね備えた滅多にない商品性を持っていながらも、彼はまだ放送から無視をされている。



これは逆説的にはまだ放送が彼の出演を防ぐ見えない手が作用していることを傍証する。公正に競合することはできないブロックされた現実は苦々しさを超え、まだ未成熟で不公正な私たちの社会の一面を見るようにする。十分な資格を有するアーティストがチャンス自体さえ剥奪される様子は、どう考えても異常である。不当にひとりの芸能人の放送出演を遮るなら、それは視聴者の正当な見る権利を侵害する行為だ。



逆に、彼が自由に放送に姿を現したならば、このような疑問は、自然に解消されるだろう。彼の出演を遮る不正な力はなかったことを証明する明確な証拠になるだろう。何か大きな力が作用しない限りできないことだという推測は憶測だった認めるようになるだろう。


ファンは彼に放送で会いたがっている。そして、視聴者は尋ねる。



「いつまでキム・ジュンスを「顔のない歌手」として会わなければならないのか



キム・ジュンスXIAジュンスJUNSU준수

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply