FC2ブログ

Welcome to my blog

エリザベート

キム・ジュンス "軍人の頃には心配が多かったが、"エリザベート "で全て治癒された"

0 0
キム・ジュンス "軍人の頃には心配が多かったが、"エリザベート "で全て治癒された"
2019-02-11 10:10:56
      
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201902111007400410

[ニュースエンファンヒェジン記者]

「エリザベート」の生きている伝説、「レジェンド」の完璧な帰還である。

キム・ジュンスは2月10日、ソウルブルースクエア大劇場を埋め尽くした観客たちの熱い歓呼と拍手喝采の中
「エリザベート」のソウル最後の公演まで盛況のうちに終えた。

5年ぶりの「エリザベート」再演は、その間の空白を一気に飛び越える完璧な帰還であった。 2012年に初演、2013年再演当時見せた歴代級キャラクター「トート」を超える、より深くなり、強くなった”トート”として強烈に戻ってきたキム・ジュンスは一層成熟した姿で観客をひきつけて「エリザベート」の4回目の再演を成功的に導いていった。



201902111007400410_1.jpg
201902111007400410_2.jpg
201902111007400410_3.jpg
201902111007400410_4.jpg


 
 
「エリザベート」は、ヨーロッパで最も盛大たオーストリアのハプスブルク家の最後の皇后 "エリザベート"と致命的な魅力を持った「死」の愛を描いた作品。キム・ジュンスは存在するだけで舞台を圧倒するエネルギーと言うまでもない歌唱力は、小さな動きさえ完璧な「トート」の姿として消化し、ディテールを生かしたた演技力までどれひとつとして目を離すことができないオーラで舞台を圧倒した。さらに深まったキム・ジュンスの舞台に原作者「シルベスター・リーヴァイ」は「初演、再演も良かったが感情線やドラマの両方が一層アップグレードされた「トート」に会った!登場から吹き出てくるオーラから、「トート」の息吹きを吐き出すときは危険な愛の魔法のような瞬間を感じた」と絶賛した。

国内で4回目の公演であるが、キム・ジュンスのカムバックで話題を集め、昨年12月にチケットオープン時「ジキルとハイド」、「マチルダ」、「ジェントルマンスガイド」などの激しいチケット競争の中でも前売りランキング1位を維持し、依然としてチケットパワーを誇示したキム・ジュンス、今回の作品でも彼の影響力はすごかった。

特にインターパーク観覧感想と個人SNSを介して「エリザベート」を初めて見た一般観客たちの好評があふれれ、新しいブームを作り出して、さまざまな観客層の観覧が続いた。キム・ジュンスの公演を初めて接した観客たちは、「だから、キム・ジュンス、キム・ジュンスと言うわけだ。キム・ジュンスの人気の理由を知った作品」、「なぜみんなシアジュンスに熱狂しているのか今日感じた。演技、発声、パフォーマンス全てがあまりにも素晴らしい!死そのもの!」。 "キム・ジュンストートは本当に驚くべきだった。俳優によって劇が変わることもう一度感じた! "、"キム・ジュンス 初めて見たけれど舞台を圧倒する能力がチケットパワー上位圏であることを十分に感じられるクラスであった。」 "キム・ジュンスが演じた「死」の役割は果たして誰が代替して、消化が可能かどうかと思うほど。これでシアジュンス、シアジュンス、と言うんだな。」などの熱狂的な反応を見せた。

製作会社EMKの関係者は、「やはりキム・ジュンス、他の追従を許さない舞台掌握力と吸引力で「エリザベート」をさらに深く完成した。キム・ジュンスの話題性に「エリザベート」を初めて見た観客らの再観覧が続くなど、新しい観客層を確保し、今回の4回目再演も成功をもたらした。」と伝えた。

最後の公演を終えたキム・ジュンスは " '初演と再演以来、5年ぶりの’エリザベート’の舞台。事実。この公演前に軍隊にいながら、あれこれ心配も多かったが、今回の作品をしながら全てが癒されたようだ。一か月遅い参加だったが、すべての俳優の方々がたくさん助けてくれたおかげで、よく馴染むことができたようで俳優の方々にもう一度感謝申し上げたい。何よりも50回の公演をしながら二ヶ月半の間、毎週6回の強行軍だったが、観客の皆さんが毎公演送ってくださった歓声と喝采、拍手の音に支えられ、最後まで来ることができた。今後もより良い舞台で報いる」と所感を伝えた。

「エリザベート」の生きた伝説’トート’で完璧な帰還を知らせたキム・ジュンスは3月までに「エリザベート」の地方公演を続けていく一方で、今後の4月、東京を皮切りに、日本ライブツアー「2019 WAY BACK XIA TOUR CONCERT in JAPAN」を開催、本格的な日本ツアーに出る予定である



、「だから、キム・ジュンスキム・ジュンスと言うわけだ。キム・ジュンスの人気の理由を知った作品」、「なぜみんなシアジュンスに熱狂しているのか今日感じた。演技、発声、パフォーマンス全てがあまりにも素晴らしい!死そのもの!」。 "キム・ジュンストートは本当に驚くべきだった。俳優によって劇が変わることもう一度感じた! "、"キム・ジュンス 初めて見たけれど舞台を圧倒する能力がチケットパワー上位圏であることを十分に感じられるクラスであった。」 "キム・ジュンスが演じた「死」の役割は果たして誰が代替して、消化が可能かどうかと思うほど。これでシアジュンス、シアジュンス、と言うんだな。」などの熱狂的な反応を見せた。

わ~すごいですね^^

キム・ジュンスXIAジュンスJUNSU준수

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply