FC2ブログ

Welcome to my blog

WAY BACK XIA

2018WAY BACK XIA 映像でのジュンスのお話④ Produced by XIGNATURE ,Automatic

0 0
Produced by, XIGNATURE
Automatic

オリジナルですね、
真似ではなくオリジナル

一番ファンと交流することのでき
音楽だけ聴いても何かが描き出されるます。
どういうふうに舞台を構成したくて
どういう衣装を着たくて
どんなミュージックビデオを撮りたいとか
そういうのが
音楽ひとつに全て込められているようです。
音楽から僕が想像するのではなく
その音楽に込められているので見える感じ
そういう音楽を立体的に作ってくれるようです。

パフォーマンスをする度に
僕がエナジーを他のどんな曲より使うけれど
寧ろエナジーを返してもらうという理由がここにあるようです。
この方の音楽が一緒にファンの方たちと作っていく曲が多いので
エナジーを使いながら
エナジーを充電する曲だって僕が表現したようです。


基本的に
タイトル曲を選ぶのがとても難しいのですが
とくにダンス曲を選ぶのがとても難しいんです。
考えなければならない事がとても多くて
パフォーマンスに重きを置くか
トレンディな流行に乗った曲にするか
僕が一番を表現するのにいいのがいいのか

そういう部分で僕が一番
そういう時にこの方の音楽で簡単に解決したようです。

もちろん重要な時は
通訳が必要ですが

音楽で全てが話ができて


特に話はしないです。
音楽を聴いて
yeah!って


他のコンサートをあまり行かないからわからないのですが
僕はファンたちの個性や行動
表情を逃さないようにしています。
僕だけを見てというのに集中するのではなく
公演をしながらも客席を僕もよく観察しますね。
交流しているのを楽しんでくださっているのではないか・・


僕がいつまで音楽をして
どういうふうに流れるかはわからないですが
少なくとも僕のアルバムで影響を与えたのを思うと
この方の音楽は
もう一度話するとすれば
まさしく
シグニチャー
単なるシグニチャーではなく
Xから書く
XIGNATURE


uncommitted



FLP

Incredible






Rock the world







コメント 2019-10-12 071725


それにしても、
ジュンスがシグニチャーだと話す
オートマティックさんの楽曲

uncommited と
Incredible そして FLP

そしてアンコールに
一曲目は
thank 'U forが入りましたが
その次に
Rock the Worldと
オートマティックさんの曲を4曲
最後に続けてきたこのカムバックコンサート

すごいパワーですよね。
しかも全部が全身全霊でしたし・・
いくらジュンスがタフでも
ほんとに舞台裏で倒れててもおかしくないと思います。


「僕がエナジーを他のどんな曲より使うけれど
寧ろエナジーを返してもらうという理由がここにあるようです。
この方の音楽が一緒にファンの方たちと作っていく曲が多いので
エナジーを使いながら
エナジーを充電する曲だって僕が表現したようです。

・・・公演をしながらも客席を僕もよく観察しますね。
交流しているのを楽しんでくださっているのではないか・・


僕がいつまで音楽をして
どういうふうに流れるかはわからないですが
少なくとも僕のアルバムで影響を与えたのを思うと
この方の音楽は
もう一度話するとすれば
まさしく
シグニチャー」



ジュンスが自分のアルバムでの影響が大きいと
そして
それはコンサートでファンと交流するのに一番楽しんでくれてるという
実感ができる曲
だからエナジーを使うけど逆にエナジーをもらうことができると話しているんだと思います。
そしてそれは
歌で繋がっている思い出として
「インクレディブルのような歌を歌うでしょう?」とジュンスも話していたけれど
そんなふうに
私たちとジュンスを繋いでいる
思い出せば歌えばその楽しい時間にすぐに連れて行ってくれる
宝物のようなナンバーたちですね。

今回、ジュンスが日本のコンサートの為に準備してくれたさくらんぼ
それも本当に楽しい思い出になりましたし
アンコールのお願いがさくらんぼになるくらい反応を得ましたし
韓国ファンにもすごく受けが良かったですが
それがまたジュンスの凄いところ
いつも新しいもの
そしてその国の言葉で楽しませてあげられるものをと考えて提供してくれる心が嬉しいですね。

けれどもやはりカバーはカバーで


DVDに入れることができなかったという
なんだかすっきりしないですよね・・

ジュンスが真似でないオリジナルだと話した
オートマティックさん
この方の曲の
洗練されたメロディや
ビート
そしてジェリーさんのダイナミックな振り付け

そしてジュンスのステージへのあこがれや渇き
ファンと楽しい時間を思いながら
つけてくれた情熱的な歌詞
よいですよね。


마치 꿈을 꾸는 것 같아(まるで夢をみているみたい)
한 걸음 더 다가온 거야(一歩さらに近づいたんだ)
세상에 외치고 싶어(世の中に叫びたい)
Let's rock it let it go

rock the world より


너와 나 함께 하는 이 시간(君と僕が共にするこの時間)
그토록 고대하던 이 순간(こんなにも心待ちにしたこの瞬間)
우리들의 밤(僕たちの夜) Here in paradise
・・・

끝이라 생각했을 때(もうおしまいだと思った時)
날 따스히 감싸줬고(僕を温かく包んでくれて)
결국 우린 하나가 됐어 이젠(ついに僕たちはひとつになった)
누구보다 강해졌어(誰よりも強くなった)
이보다 더는 좋을 순 없어(これよりももっと嬉しいことはない)
You took me higher(君は僕をさらに高みに連れてってくれる)
You you took me higher

F.L.Pより




私の夢のひとつというか願いというか・・

まるまるオートマティックさんプロデュースのアルバム
ぜひ挑戦してみてほしいと思ってます。

ジュンス的にはいろんなジャンルの曲を歌いたいし
そういう力があるのをみせたいのもわかりますしほんとそうだと思います!

けれども
マイケルと作業をしたことのある
オートマティックさんがジュンスの事をマイケルジャクソンを彷彿とさせると話してくれて
そして、
ジュンスがマイケルなら
自分がクインシー・ジョーンズという関係になりたいというような話もしていたように思います。

自分の気が付かない魅力を引き出してくれるプロデューサーと会えたアーティストは本当に幸せですし
プロデューサーの力がアーティストを成功させるのには大きいと言えますよね。
マイケルジャクソンがいても
クインシーがいなければ
オフザウォール、スリラーのアルバムはなかったんですもんね。


今のスタイルで自分がアルバムに入れたいという様々なふり幅の広いジャンルを
コンサートを考えながら作るのもいいけれども

ひとつのジャンルの中だとしても音楽は様々に違う魅力を出せますし
そんなバリエーションを楽しむアルバムもよいし
そういうコンサートもよいのではないかと期待してみます。



まだまだジュンスには時間がありますしいつかはそんなのにも挑戦したいなって思ってくれると嬉しいですね。
ジュンスも話しているように
ジュンスのアルバムのシグニチャーなんですし!

「2016年そして 2018年11月
2年ぶりにカムバックする
最初のコンサート
限界を感じさせないXIA
彼が準備した魔法のような時間
1集から4集まで今までの全ての姿を見ることができる
最高のステージが始まります
WAY BACK XIA」

このような言葉で紹介されていた
カムバックコンサート

まさしく
魔法のような時間でした。
そこから続く日本への
WAY BACK
そして
アンコールまで全て完璧なジュンス
なにからなにまで
最高のステージでした。



そして早くまたその世界に行きたいです!!




2018WAY BACK XIA 映像でのジュンスのお話① Produced by Trendy, 김태완
http://usappi1215.blog.fc2.com/blog-entry-4964.html

2018WAY BACK XIA 映像でのジュンスのお話② Produced by Base, 프랙탈
http://usappi1215.blog.fc2.com/blog-entry-4965.html

2018WAY BACK XIA 映像でのジュンスのお話③ Produced by 感性, 회장님
http://usappi1215.blog.fc2.com/blog-entry-4966.html

2018WAY BACK XIA ジュンスのお話 奏 「何処にいたとしてもつながっていける」
http://usappi1215.blog.fc2.com/blog-entry-4971.html

そして今回の
Automaticさんの話で最後です。


日本の間映像はちょっと
楽しくて可愛かったけれども
ナルトとルフィーでしたっけ?その質問意味わからないってのもありましたし笑
聞かれたジュンスも困っちゃいますよね。

ミュージシャンとして
アーティストとしての話があまり聴けなかったのがとても残念でしたので
このような素敵な
音楽を愛していて
ファンに向かうために最善を尽くしながら
深く考察していて
そして音楽に対する考え方などがよくわかるので
ご紹介させていただきました。


いろいろ自分の感じたことや思いもたくさん書いた部分もありましたが
それも読んでくださった方がおられましたら
ありがとうございました!


この曲は時期的にもいいので入れたのかな~
凄く好きです。
またデジタルシングルも出してくれるといいですね!



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply