FC2ブログ

Welcome to my blog

WAY BACK XIA

2018WAY BACK XIA ジュンスのお話 奏 「何処にいたとしてもつながっていける」

0 0
コメント 2019-10-09 221747


奏紹介

この曲は僕がこの歌を歌う由来があります。

本当に大変な時 訓練所に行って2週か3週

くらい経った時みんなで一緒にお風呂に行ってから

生活室に戻る時突然一際

月がその日に限って特別目に入って来て

いつもあった月なんだろうけど僕の目に入ってきて

この月は知人とか愛するファンとか家族が

今僕が見ているこの月をファンの方たちとかは

見ているんだろうかとそんな思いがしたんですね。

なにか突然 漠然と

僕たちをつないでいる媒介体があるなら

今みなさんが笑って僕が歌っているのを見てくれている

みなさんの眼差し

そんなのがその瞬間が僕たちを連結してくれるものだけど

その瞬間を

この歌の歌詞が浮かんで

時が過ぎ去り流れても

この瞬間

この歌

僕がみなさんと跳ね回った瞬間を思い出したさえすれば

僕たちはいつでも

繋がっていられるだろうという思いがしたんです。

この歌を必ず 必ず

転役して直後にコンサートをしたら

もう一回歌いたい

その時歌えば真心を込めて歌う事ができるだろうって思って

僕が行く前に歌った歌でありますが

韓国では初めて歌う歌を歌います。聴いてくださると嬉しいです。

奏 聴いてください。
ジュンス 2018 WAY BACK XIA CONCERT12月2日(日) 最後のトーク 奏紹介トーク 日本語訳
フルテキスト

http://usappi1215.blog.fc2.com/blog-entry-4452.html


キム・ジュンス  WAY BACK XIA 最後のトーク (字幕映像)と私の思い

http://usappi1215.blog.fc2.com/blog-entry-4458.html







「たとえばそれがこんな歌だったら

僕らはどこにいたとしても

つながっていける」

以前
上り坂が
ジュンスが自分とファンのテーマソングみたいだと話していましたが

奏も私たちのテーマソング それも日本語の歌のテーマソングのように
ジュンスの思いがいっぱいに感じることができますよね。

ジュンスがノンサンで月を見ながら思い出した奏の歌詞
自分が活動ができない状況の中で
戻ってきてからまたファンたちが再び来てくれるかの確信もない・・

なにかで繋がっているとするならば
コンサートで一緒に楽しんだ歌で繋がっている
その歌を歌えば聴けばその時がよみがえってきて繋がっている・・

そして
ジュンスの自尊感情が落ち込んでしまった時
その時にノンサンで奏の歌詞を思い出した事がよみがえってきて



「その時、その時その瞬間を僕たちが大切にしていれば

・・

その瞬間を僕たちが覚えてて
映像も残るし音楽をきいたら
インクレディブルのようなを聴くじゃない?


僕たちが一緒に楽しかったことを覚えていれば・・

それでいいんですよ。」

そして一生懸命にするから
楽しい思い出をたくさん作っていきましょうと話してくれました。


「なにが重要かといえば

僕がいつも未来を見ないように見ないようにって言いながら
軍隊にいるから僕が自尊感情が落ちたので
そういう考えがするんです。
一度もそういうこと思ったことないのに
誰かをうらやましく思うようにするんです。
放送に出ているみんながうらやましく思えて・・
僕彼らをうらやましく思ったことないのに・・

それで僕がたくさん学びましたよ。
すごく強くなりました。
こういう話をするのは、弱気な事をいうのではなくて心が強くしっかりしたので話せる事なんです。。

だから皆さんあまりに
どうやって僕のためにしようかとか思ったり
しないでいいんです。
ただ楽しんでくださって、その瞬間楽しんでくれればいいんです。
僕のためにそんなに闘おうとしないでもいい。僕はそれすごく辛いですよ。それが・・

そんなことしないで・・

僕たちがもっと小さくなって・・
大きくなったらいいけれど小さくなっても
僕がいつも努力するから一生懸命にする。コンサートに来てくれたらずっと楽しんで歌でコミュニケーションをして楽しい話をずっとして差し上げます。
わかったでしょ?
ありがとうございます。」


このジュンスの話を聞いて
ジュンスが闘おうとしないでって言ってるから
ほら、ジュンスがそう言ってるでしょ
だから
もうジュンスが不当な扱いを受けても
それをジュンスに甘受しろと思うファンはいなかったと思います。

ジュンスがそう話してくれて
ジュンスは私たちに一緒に辛い思いをしてほしくない
それで疲れてほしくないと思っているってことがわかったらさらに
ジュンスが不当な扱いを受けていることに対して
闘って
声をあげていきたいって思ったのではないかなと思います。

それにジュンスはいつも
自分のファンが自分のファンである事で
不当な言動を受けたりすることに対しては
敢然と抗議をしてくれましたし
ファンを思いやり慰めてくれましたし
そのジュンスの心も私たちの心に
宝物のようになっているはずです。




もし身近な人がこのような話を吐露したら
あ~本人は辛くても
闘ってほしくない 一緒に辛い思いをしてほしくないって言われて
そうですか、
闘ってほしくないならそのままいじめられててくださいっては思わないですもんね。




ジュンスとしては
ジュンスが不当な扱いを受けている事に
声をあげてもどうにもならないことに疲れて
それでファン生活がしんどくなるのが
自分がもっと辛いという
これ本当にジュンスってどんだけ心が繊細なんだろう
それを辛いって表現してまでしてというか実際に辛いんだな
ジュンスって自分はいくら辛くても
人が辛くなるよりは我慢できる人なんでしょうね・・


私はファンとしては
アーティストが不当な扱いを受けていることに対して
許せないと思うし
その辛い思いを一緒に感じられるのが
ファンとして当然な思いだと思いますし・・
さらに一生懸命に応援しようって思う気持ちになりましたし

過去にいろいろありましたけれども
しんどい思いが思い出にあるのではなくて

それでも頑張って結果を出しているジュンスが誇らしいし
さらにジュンスとの出会いが大切で切実になります。
ジュンスをひとめ見た瞬間にじわっと涙が出ている自分に気が付きますね。


もちろん
重要なのは
一緒に楽しい思い出をたくさん作っていきましょうって事


ほんとにその気持ちがファンの事を思いやってくれてる
ジュンスの男らしさやさしさですよね。

なので・・



今ジュンスが何かを準備してるかわかりませんが
きっとなにか準備してくれていると思うのですが・・


ジュンスと
コンサートで一緒に
跳ねて歌って
笑って

その思い出で繋がっているから
またそこに行きたいと思いますね。
ほんと切に思います。

奏の歌詞のように
コンサートでの楽しい思い出
感動・・それで繋がっているんだなって思いがまさに今しています。

もちろんジュンスがミュージカルを大切にしてるし
韓国でジュンスがミュージカルにとってとても大切な存在なのもわかります。

でもその繋がっている時間は
私にとってはそれはやはりミュージカルでの
役になったジュンスではなくて

XIA ジュンス本人とジュンスの音楽の世界の中で繋がっているという体験なのかなと
思ったりしています。









キム・ジュンスXIAジュンスJUNSU준수

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply