FC2ブログ

Welcome to my blog

ジュンス、XIA,준수

「ラジオショー」キム・ジュンス、ライブ+トークの基本... 10年ぶりに放送「情熱爆発」 (記事訳)

0 0
「ラジオショー」キム・ジュンス、ライブ+トークの基本... 10年ぶりに放送「情熱爆発」[総合]
http://osen.mt.co.kr/article/G1111270526

歌手キム・ジュンスが10年ぶりに出演したラジオで話術とライブの実力を誇った。

2日午前放送されたKBSラジオクールFM「パク・ミョンスのラジオ番組(以下、ラジオ番組)」キム・ジュンスがゲストとして出演した。彼はDJパク・ミョンスの進行に合わせて「ラジオショー」リスナーたちに近況を明らかにした。



72084468_153700822670398_6313135262815518331_n.jpg

[写真= C-Jes SNS]

キム・ジュンスが「パク・ミョンスのラジオショー」でトークとライブの実力を誇った。
キム・ジュンスとパク・ミョンスは最近MBCの新しいパイロット教養「共有の家」に一緒に出演して縁を結んだ。 「共有の家」もキム・ジュンスが10年ぶりに出演した地上波番組のはず。キム・ジュンスは「放送録画初めてしたのと同じようにときめいて緊張している。何よりも、放送のようにラジオもヒョンと初放送を一緒なので嬉しい。」と感想を明らかにした。

特にキム・ジュンスは "僕にとって芸能とは、「水の泡のような夢」である”と答えて反響を得た。彼は "事実以前には放送に出て芸能をし、ラジオに出てくるということ自体があまりにも日常生活であった。水の玉は握ると破れるではないですか?今破れないで僕の手に握っている感じだが、どこまで進むことができるのかわからないがこの暫しの遠足のような感じで十分幸せだ」とし「毎回このような放送とラジオがあるとしたらしっかりと最善を尽くしてしたい」と述べた。

彼は過去と現在の芸能の雰囲気が大きく変わったことについて、”かなりリアルになった。芸能トレンドを見ると、解いて見守る探求芸能が流行のようだ”と驚いた。実際、彼は「共有の家」の撮影で放送初の自分の家を公開した。キム・ジュンスは”かなり慎重になった。ところが、最近の雰囲気が他の芸能人の方々にも公開するのが自然になったので、私もできるのではないかと決意した。”と述べた。

また、”私は神秘主義では全くない。放送を自然にできなくなりながら他の人が見るには神秘主義を維持するように見えたかもしれないが、まったくない。他意的に神秘主義が守られたと思う”と冗談を言った。これパク・ミョンスは "そうだね。神秘主義というには、イカ、タラ、モクテも焼いて食べたよ」と言って笑いを誘った。


放送でよく見ることができなかった時間の間キム・ジュンスはミュージカル、公演などでファンを着実に会ってきた。彼は”舞台は「人生」である。それでも私の人生の中で振り返ってみると、舞台に立っている時間が一番多かったようだ。様々な僕の喜怒哀楽万感が交差したところも舞台だ。多くを学ぶこともある。舞台を知っていくこと自体が人生を学んでいくと思う”と打ち明けた。

彼は”ミュージカルはするたびに震える。正確には「私はこれをきちんとよくしなければならない」という気持ちがある。それでもミュージカルは、他の方と一緒にするので緊張する”と力説した。続いて彼はミュージカル「エリザベート」で歌詞丸ごと飛ばしてしまい、ようやく舞台を終わらせたというミスを告白した。

また、彼”「釜山で「ディセンバー」というミュージカルをしたことがある。その鼻炎があったのだがすごく泣いて鼻水が出てきて鼻ちょうちんを膨らませてしまった。まともに割れた。前にとんでたかもしれない。それでも観客の方々は笑わないで没入しておられて本当に感謝した。その方たちが笑ったら私も大変だっただろう。瞬間驚いて観客の方々見たら「ファイティング」という感じでじっとしておられましたよ”と感謝を表現することも。

最後に彼は”10年ぶりの放送、懐かしかった。ところが、逆に見れば、感謝を感じている。以前は放送、ラジオが大変だった。あまりにもスケジュールが多くて大変な時間の中で、このようなものをするのが疲れなかったとすれば嘘だ。今はその一つ一つがありがたい事だったと分かった。それを感じる自分がこのようなことがなかったら分からなかっただろう”とミュージカル「ドラキュラ」のナンバーをライブで消化しリスナーを戦慄させた。
キム・ジュンスXIAジュンスJUNSU준수

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply