Showbiz Korea アリランTV キム・ジュンスインタビュー(訳)

  15, 2018 06:07
Showbiz Korea アリランTV キム・ジュンスインタビュー(訳)

国防の義務を終えて さらに素敵な男性として堂々帰ってきた キム・ジュンス との出会い



こんにちは

1年9か月ぶりに民間人として挨拶することになる
歌手でミュージカル俳優のキム・ジュンスです。
お会いできてうれしいです。

ー転役おめでとうございます。
声や姿勢がまだ・・(軍隊が抜けてない感じがするというようなことを言ってます)

まだ硬い感じですよね?


ー姿勢もよいですね。

まだ話し方が
最初のインタビューなので
軍隊での話し方が出てしまって混同します。




ー軍人として生活したときのエピソード

ノンサンで教育を受けたときに
僕がいた中隊から教会まで40分歩かないといけないところにあったのに
週末休みたいのに
社会にいるときは甘いものはあまりすきじゃなくて
おやつも食べたりしなかったんだけど
チョコパイがすごくおいしくて、
それがとても口にしたくなるんです。


僕が食べたいときに買って食べることもできないし
食べたいときに食べられないからそれがスペシャルなんです。軍隊では
それを食べたくて大変なのに
毎回二回、そのために40分チョコパイのために


転役してチョコパイ食べましたか?

食べてないです。
全く食べたくないです。



ミュージカル復帰について


僕にとって意味があって初めて主演男優賞を抱かせてくれた作品でもあり
僕がとても好きでとっぷりはまった配役でありました。
エリザベートで
カムバックするというのはとても意味があると思います、なのでこの上なく嬉しかったですが、一方では負担もあります。
初めてする作品なら基準点もないし比較するものがないですよね?
初めて見る方や見たことのある人に失望を与えてはだめだという負担の気持ちも共に混在していて
さらに努力しているのでたくさん期待してくださってもよいと思います。




ー11月末からミュージカルだけでなくて
コンサートもすると聞きましたが
忙しいですよね?


自分も出てすぐこんなに早くするとは思ってなくて一か月くらいは休みたいと思っていたのですが
こんな思いがしましたね。
僕は軍隊の生活自体が僕には軍服務だから楽に休めるものではないが
ファンの方には1年9か月待っていた時間なので
なので出て僕が休みたいという僕の個人的な利己心で休んでいたら
ファンの方たちが辛いのではと思いました。
1年9か月離れていたので
ステージが恋しくてファンの方にそういう場所でお会いしたかったんです。
そんないろんな考えがしてなので早く会おうという思いで始めました。


ーどんなステージになりますか?

最初のインタビューなので少し公開するとしたら

アルバムでコンサートをするとバラードとダンスが5:5だったのですが
それは、皆さんもご存知だと思います。
7:3,8:2くらいダンスが圧倒的に多いです。

30代で疲れない体力を一度燃やしてみよう、
ノンサンで特特特をもらった体力を死んでない僕の体力を皆さんにお見せしようと準備したので
なので今回は、スタンティングで準備しましたので
スタンディングで皆さん思い切り跳ね回るという思いで、
運動靴を履いて冬に汗を流して
2キロくらい痩せる気持ちで来てください。ありがとうございます。


軍生活はすぐ過ぎた
NO

面会に来たひと正確に覚えている
YES

軍服務の前と後で変わった
YES

転役の日に集まったファンと取材陣を見て僕の人気は死んでないな
YES

ミュージカルやコンサートの復帰負担感がある
YES


ー軍服務機について

当事者は誰も早かったと思う韓国の軍服務者はいないと思います。
軍生活 国防部の時間はゆっくり時間が過ぎます。


ー面会に来た人、来ない人

こういう話を聞いていましたよ。面会に来る人と来ない人で一生を共にするかどうかを分ける基準になるという話を聞いていたがその言葉がある程度理解できました。
どういう意味で出た言葉なのかということがわかりました。
なぜなら軍隊というところでは萎縮してるし何かに頼りたいしいろいろ自尊感情もおちるし

誰かが僕のために会いにおいしいものを持って来てくれるっていうのが一生忘れられない
一生を共にできる人って感じるって分けられると思います。
その言葉をそれを軍隊に行って面会に来てくれた人に感じました。

一生誰と一緒にできるんですか?

ノーコメントです。



この映像を見た方はわかると思います。
映像を見たら自分が行ってたらあ~僕が一生一緒に行くって思ってるんだなって思うだろうし
行ってなかったら‥


ーでも忙しいとか理由があるんじゃないですか?


1年9か月はないですね。
1年か月はどんな理由があってもないですね。

ーそうですね。一日くらいは来ることができますよね

もちろんです。

ーそうですね!



どういうところが変わったか

長い間芸能生活をしたので僕を助けてくれるスタッフがいたからその方たちの
苦労を知っていたけれど
そこでひとりですべてをしてみたらその人達の苦労を体感しました。
最初に面会に来てくれた時に僕が片付けしましたよ。驚いていました。
食べたらそのままだったけど
僕が片づけてごみ箱にいれたらヒョンが驚愕しましたよ。
ジュンス、どうした?って
だから僕がそうだったなって反省しました。
僕がそうだったなぁって


ーたくさんのファン取材陣がきましたが


あんなにたくさん来てくださると思ってなかったんですけど
広報団として活動していたのでファンの方に会ったりはしてて
とても離れていたわけではないけれど
それでも埋もれていましたが、
最初の転役の日に民間人として出てくるときに
ファンの方が迎えに来てくれるし
記者の方たちも来てくれて
感無量でした。
そしてそれも感謝しました。
何事もただできてるわけではないんですね。
それをすごく感じたのですけれど
あ、そうだ。
一生懸命に生きなければ、感謝して生きなければとその日
心に誓いました。

201811131444440310_4.jpg


初のインタビューを
ショービズコリアを通して挨拶ができてうれしいです。
1年9か月
ファンの方や今日ここの視聴者の方が待っていてくださったくらいに
僕も皆さんに会いたかったです。
その心を大切にして
これから一生懸命に活動しますので
多くの期待と関心をお願いします。
とても感謝します。ありがとうございます。

あんにょ~ん


 キム・ジュンス XIA ジュンス JUNSU

Comment 0

What's new?