[キム・ジュンスカムバックコンサート①] "より強くなった”... 2万ファンに転役を告げる(記事訳) ジュンス XIA

  09, 2018 10:23
[キム・ジュンスカムバックコンサート①] "より強くなった」... 2万ファンに転役を告げる

http://www.slist.kr/news/articleView.html?idxno=55018

キム・ジュンスは2年間の空白がなかったかのように華麗にカムバックした。

55018_126533_2653.jpg


2日午後5時、ソウル松坡区蚕室室内体育館でキム・ジュンスのカムバックコンサート「WAY BACK XIA」が開催された。今回のコンサートは、先にチケットオープン直後全席完売している。 11月30日からこの日まで計3回 2万人の観客を動員した。

この日の「OeO」でオープニングを開いたキム・ジュンスは「皆さんのエネルギーに負けないよう、溶岩炉のように燃え上がって公演する」と抱負を明らかにした。

続いて「Intoxication」、「Tarantallegra」などでセクシー美をアピールし、「Out Of Control」と「Set Me Free」「Turn It Up」「F.L.P 」「 Incredible」で雰囲気を盛り上げた。 「Lullaby」「きれい」「ウサギとカメ」「奏」では訴える力濃厚な独歩的なボイスを誇り甘美をプレゼントした。

キム・ジュンスのコンサートには欠かせない「ジニータイム」も続いた。キム・ジュンスはセットリストにはない曲を歌ったり、ファンが要求することを聞いてあげて愛嬌は基本、ファンとさらに近く疎通し、様々な魅力を誇った。ここで特有の気の利いた話術が加わり楽しさを倍加させた。

 55018_126534_5732 (1)


特にキム・ジュンスは韓国で「奏」をこの日最初に披露した。彼は「訓練所にいるときに偶然月を見て愛する人と私繋ぐ媒介体があったらいいなという思いがしました」と述べた。




 
続いて「その時この歌の歌詞が思い浮かび、時間が経って流れても、この瞬間、この歌私が皆さんと一緒にいたその思い出だけ思い浮かべたなら、我々はいつかつながることができると考えた。そして、転役直後のコンサートををするとしたら必ず歌わなければと思った。真心を込めて歌うことができるようだった」と選曲した理由を明らかにした。

ファンは準備したペンライトを一緒に振ったし、公演会場は光でいっぱいになった。一部のファンは歌を聞いて涙を見せることも。

除隊後初めての舞台で軍隊の話は抜けなかった。 「友人や知人が軍隊行ってきたら、いつも軍隊の話をするけれど、私が行って帰ってきたら軍隊の話をすることになる」とし、4週間の訓練を終えて義務警察センターで点呼した当時を再現したり、「まだ9時、10時になると眠い。それがとてもキツイ」と話して笑いを誘った。まだ兵役を終えていない男性ファンを「遥か彼方だ」と冗談を言ったりもした。

55018_126536_5831.jpg

一方、アンコール舞台では、これまでしっかり隠してきた本音を打ち明けた。彼は「私は放送活動ができなくなって、7〜8年になり、それから2年の間に軍隊行って来たので9年という時間の間、私はまともに露出されたことがなかった」と話を切り出した。

続いて「私のアルバムを出しても公正な競争をしていないし、放送舞台で歌を一度も歌うことができないのに。私を嫌いな方やアンチの方は、その結果としてのみ評価するから。ところでこれは私は大丈夫です。私は私が選択したことであり、裁判も勝って全て勝訴したのに、こんなに長い時間の放送ができないことになるとは思わなかった。それまでは望まず歌を出したとき一度や二度であっても、私の歌を放送舞台でしたい。1等は願ったりはしていない。私の人生で初めて自尊心この床に墜落した。今年の1月頃”歌手をやめようか”という考えをした」と告白した。

キム・ジュンスは「そうするうちに「奏」という歌を思い出した。それとともに多くを学んだ。たくさんしっかりと強くなった。弱音をするのではなく強くなったので、話することができる事だ。もっと小さくなっても、大きくなっても、私は常に努力して熱心にする。公演に来てくれると楽しみ続けてコミュニケーションをしよう。面白い話をずっとしてさしあげる。」とファンに感謝の気持ちを伝えて涙をこぼした。

この日キム・ジュンスは "私が毎年年末ミュージカルバラードコンサートをするのだけれど今回は、転役後のコンサートなので、今回は新しいミュージカルをしてなくて推進するには踏襲した感じがするので残念ながらできなくなった。その物足りなさをなだめてみようとする事になった。おそらく来年にはするのではと思う」と期待感を伝えた。彼は「オーケストラも一緒に素敵な公演をお見せするようにしたい」と付け加えた。

このようにキム・ジュンスは今回の公演を通じて2年間の空白がなかったかのような高品質のライブと視線を圧倒するパフォーマンスで観客を魅了した。また、より熱くなった音楽に対するキム・ジュンスの情熱と10年以上に彼を応援するファンたちの愛は、お互いをよりしっかりとさせ忘れられない思い出をもたらした。

本格除隊後初めての開始を知らせたキム・ジュンスはミュージカル「エリザベート」の舞台に上がる。 この日キム・ジュンスは "私が毎年年末ミュージカルバラードコンサートをするのだけれど今回は、転役後のコンサートなので、今回は新しいミュージカルをしてなくて推進するには踏襲した感じがするので残念ながらできなくなった。その物足りなさをなだめてみようとする事になった。おそらく来年にはするのではと思う」と期待感を伝えた。彼は「オーケストラも一緒に素敵な公演をお見せするようにしたい」と付け加えた。

フェジャンニムのコーナーで

綺麗とうさぎとかめを
ギターとキーボードの生演奏の時

今回コンサートでダンスコンサートとしてやってるけれど
こういうのも聴きたい人もいるかもって思って

少しこんなコーナーを準備した気に入ってもらえましたか?
って話していましたね。


そして来年はミュージカルバラードをするって話していました。

私はその時頭に
ん?じゃ来年はまた新しい演目に挑戦だね~
もうきっと決まってるんだろうな
なにするのかな~って

わくわくしますね!

 キム・ジュンス XIA ジュンス JUNSU 준수

Comment 0

What's new?