作曲家フランク・ワイルドホーンさんのインタビューより ジュンス ミュージカルエクスカリバー

  04, 2019 13:48

ワイルドホーンさんのインタビューがいくつか出ています。
見てて
作品や音楽のことで
観覧の時に知ってるとよいなと思うようなポイントと
私が個人的にさすがって思った内容を
訳してあります。
全文はリンクしてあります。

ジュンスのことに言及しているのは
色を変えてあります。

ビートルズの影響を受けてない作曲家やアーティストはいないですよね~
そしてそのビートルズの影響を受けたや作曲家やアーティストの影響を受けて
行くわけでその脈は続くのだろうなと思ったりして・・

音楽してる方が誰かの影響をうけた~って話の中にたどっていくとある名前がビートルズですね。
とにかく偉大です。





キム・ジュンスさんは私に大きな影響を及ぼした人です。」「ドラキュラ」でドラキュラ役をジュンスさんが舞台に上がるまでは、常に40〜50代の男性俳優が任されていましたが、ジュンスさんが私に来て、「このキャラクターをちょっと違うように見たい」と言うんですよ。だから20代前半にヴァンパイアになったキャラクターに変わってしまった。」


「「ドラキュラ」を一緒にしたキム・ジュンスは、世界で公演される「ドラキュラ」のトレンドを変えたほど、作曲家にも、常にインスピレーションを与える俳優 "とした。



mug_obj_201512151622013241.jpg




「今この瞬間」の作曲家ワイルドホーン "韓国ミュージカル産業独特"

https://www.yna.co.kr/view/AKR20190603139900005?input=1195m

彼は "ダブル、トリプルキャスティングも韓国意外はしない」とし「ブロードウェイで誰か自分の役割を一緒にするとすれば、”私が死ぬ前にはだめだ”というだろう」と笑った。


彼は「エクスカリバー」について「すごい人々が日常よりも大きい状況にぶちあたる内容だ」と説明し、これまで多彩に変化を付けるきたアーサー王伝説に魅力を感じたと強調した。

「アーサー王伝説は巨大で始まりと中間、最後が正確なのはないですね。アーサー王を扱った最近の映画10編を見ても内容がすべて異なりますが、キャラクターという共通点があります。。このようなキャラクターと内容に基づいて作家たちが自分だけの解釈をするのです。世は変わるが、アーサー王伝説のキャラクターはずっと戻って来ます。私も芸術家として、その理由を見つけてみようしました。私の息子も「一度作って見てよ」と言いました。 "


「カイさんは声楽を専攻したので、私は「もう少し喉を使って」と言います。芸術家として成長する能力があります。ドギョムさんは若くて純粋なのです。」学びたい、教えてほしい」というのが見ててよいです。キム・ジュンスさんは私に大きな影響を及ぼした人です。」「ドラキュラ」でドラキュラ役をジュンスさんが舞台に上がるまでは、常に40〜50代の男性俳優が任されていましたが、ジュンスさんが私に来て、「このキャラクターをちょっと違うように見たい」と言うんですよ。だから20代前半にヴァンパイアになったキャラクターに変わってしまった。」

「私はメロディーを重視します。ラフマニノフ、プッチーニ、スティービー・ワンダー、マービンゲイ、ビートルズが好きですね。すべてのものからインスピレーションを受けようと努力します。そして、音楽を書くとき、脳をオフにして、胸から出てくる音楽を落胆させる。韓国の観客が私の名前を見て会場に、より簡単に来れれば嬉しいです。」

ミュージカルの作曲家フランク・ワイルドホーン "20年間夢見てきた作品...スペクタクルな曲だけ持って来ました」

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=020&aid=0003221090&lfrom=twitter&spi_ref=m_news_twitter

「「エクスカリバー」は、私の息子が「アーサー王神話」を基にした曲を書いてくれとずっとねだっていて20年前から夢見てきた作品」とし「若くてダイナミックな韓国の観客のため、100以上の曲の中、38個の壮大なメロディーを厳選した」とした。

彼は曲が抱く感性をよく表現する韓国俳優の称賛も惜しまなかった。 「トリプルキャスティング」という韓国ミュージカルだけのユニークについて「アーサー王を演じた俳優カイ、キム・ジュンス、ドギョム 皆が作品が新たに解釈される魅力がある」とした。続いて「「ドラキュラ」を一緒にしたキム・ジュンスは、世界で公演される「ドラキュラ」のトレンドを変えたほど、作曲家にも、常にインスピレーションを与える俳優 "とした。


[インタビュー]ワイルドホーン "ダブル・トリプルキャスティング、韓国にだけある現象」
http://www.newsis.com/view/?id=NISX20190603_0000670742&cID=10702&pID=10700

「エクスカリバー」は、6世紀のイギリスのケルト族の英雄的なアーサー王伝説を再解釈した作品である。ワイルドホーンはアーサーの役割を引き受けた俳優カイ、ドギョム、キム・ジュンスの歌のスタイルの考えを細かく説明し、三人の俳優の他の色がファンを満足させることだった。

彼は今回の作品で異母弟アーサーから後継者の地位を奪う女性「モルガナ」は、特に魅力的だと紹介した。アーサー王の話を扱った過去の作品で男性の行動に受動的に反応したが、今回の弓射る女性に生まれ変わった「ギネビア」キャラクターもよいといった。

彼は「エクスカリバー」でドラムなどの楽器を使用してケルト族のケルト音楽の雰囲気を出し、ロックンロールなど、現代音楽を着せて、観客と疎通するとした。アイランド出身のバンド「U2」の音楽からインスピレーションを受けた「指輪の帝王」のような映画的な感じも加味したというのが彼の説明だった。

「私は世界のすべてのものにインスピレーションを受けます。どこでも学ぶという姿勢で、開かれた心であれば、何かが来ます。」彼はインタビューの中で3回言及したのは、「いつでも学生の姿勢であれば若く生きることができる」という言葉だった。

[インタビュー]ワイルドホーン "ダブル・トリプルキャスティング、韓国にだけある現象」

http://www.newsis.com/view/?id=NISX20190603_0000670742&cID=10702&pID=10700

アーサー王はサクソン侵略に対抗して混乱古代英国を守ったことで知られる神話の中の人物である。彼の伝説は叙事詩、小説、散文と音楽、美術などの芸術全般にわたって多様に変奏された。 「各キャラクターにアイデンティティを与えようと努力した。アーサーは公演の最後には完全に別の人になっている。心の傷を経験し賢くなった。キャラクターを通じてアイデンティティを変えていくのが面白い。 」

ミュージカル産業が「非常に急速に成長している」と診断した。 「これからどう流れていくかは、私も知ることができない。ただし、胸から湧き出る音楽でなければならないという考えには変わりがない。作品を選択する際に重要視するのは、キャラクターの心である。私の音楽を通してキャラクターの魂を感じてほしい。それだけでも韓国観客に意味があるようだ。」


ワイルドホーン"アーサー  カイ ジュンス、ドギョム それぞれ違った魅力輝く"



http://www.hani.co.kr/arti/culture/culture_general/896574.html#csidx2cc8746fe17e25ba62e37af2a6098ac


<デスノート><ドラキュラ>などを共にしたキム・ジュンスは、ステージからの視線を集める力があります。

20151125000270_0_99_20151126105515.jpg

img_164656_1_org.jpg

 キム・ジュンス XIA ジュンス JUNSU 준수

Comment 0

What's new?