キム・ジュンス(XIA)、コンサート会場でカバー曲「さくらんぼ」 韓国内初公開

  05, 2019 00:26

キム・ジュンスXIA)、コンサート会場でカバー曲「さくらんぼ」韓国内初公開
2019.06.04 15:08入力
http://withinnews.co.kr/news/view.html?section=1&category=157&item=&no=18927




キム・ジュンスXIA)のコンサートに行くもう一つの理由が生じた。まさに話題のカバー曲「さくらんぼ」のためである。



キム・ジュンスは去る5月31日から6月2日まで高麗ファジョン体育館で開かれた「2019 WAY BACK XIA ENCORE CONCERT」のアンコール舞台で「さくらんぼ」を熱唱した。
  
2003年に発売された日本の歌手大塚愛の歌をカバーしたこの曲は、先にYouTubeチャンネルを通じて映像が公開され、ファンの間で5億回を回してみたという話が出回るほど旋風人気を集めた。チェリーという意味の「さくらんぼ」は、アニメーションOSTのようなさわやか明るい雰囲気の曲。日本はもちろん、韓国に大塚愛を知らせた代表曲である。キム・ジュンスは、先に日本ツアーコンサートで披露したことがある。



韓国では今回初めて公開したキム・ジュンスの「さくらんぼ」は甘くてさわやかな音色で、自分だけの「さくらんぼ」を表現して原曲よりもよいというファンの評価が出ていた。キム・ジュンスの「さくらんぼ」は、長い間、彼を大切に愛してくれたファンに、まるで「意図して」プレゼントする特別な贈り物のようだった。観客と思い切り楽しむのに十分な舞台だった。



61484459_146394733154095_8342135854991173749_n.jpg

▲キム・ジュンスが自分のアンコールコンサートで話題のカバー曲「さくらんぼ」を国内初公開した。(写真提供= C-Jes)



「この歌の人気を実感しますか」という誰かの質問に「それのために今回のコンサートしてる」と言葉を伝えたが、日本だけでしたらこの上なく残念に思うであろう国内ファンたちの心を慮ってあげたのではと思われた。 3時間粘り強く走ってきたコンサートのフィナーレをファンと一緒に飾りたいように見えた。彼が今回のコンサートのためにどのよう丁寧丹念に準備したことを知ることができる場面だった。
 
会場では、キム・ジュンスは映像よりもはるかにバラエティだった。自由で若々しい振り付けで自然に観客たちは足をバタバタさせた。



特に舞台と客席が一緒に呼吸することができる驚きのイベントを用意して呼応を導いた。観客たちを合わせて巨大な群舞を完成させたもの。彼は自分の振り付けを教えファンと一つになる時間を演出した。観客はキム・ジュンスの言葉通り「君の肩、私の肩 決めて」と肩を組んで、テンポに合わせて溌剌と律動を添えた。その瞬間、観客は単に公演を観覧する受動立場にとどまらず、自ら参加し、完成する主体となった。



「テチャン」はもちろん、「テチュム」を踊ってリズムに乗る数千人の姿に、体育館は一大壮観になった。 「インクレディブル」の律動よりもさらに高次元であったが、キム・ジュンスの「直接講義」に基づいて、高強度のトレーニングを終えたファンはついに上手く消化し、見る人の感嘆詞をかもし出した。



汗に濡れた背中をお互いに組んで狂ったよう飛んで永遠に忘れられない思い出を共有した。 (これから、キム・ジュンスのコンサートに行く観客は公演が始まる前に、あらかじめ、隣の人に「後でしばらく肩ちょっと借りますね。」「はいどうぞどうぞ」と譲歩と配慮の美徳を実践し仲良くならなければいけない必要性が生じた)。



キム・ジュンスのコンサートは、その新しいタイプのコンテンツを装着するようになったし、スターとファンがひとつにする美しい童話のような時間だった。





テチャン 大合唱
テチュム 大勢で一緒に踊る

テチャンですが

ちなみに
海外のアーティストが来韓すると
一緒にテチャン 大合唱をするのですごくびっくりするそうです。
アジアの人たちが英語でこんなに自分の歌を覚えてくれて大合唱って信じられない~って喜んでるアーティストで
有名なのが
Queen
ネイト・ルエス
コールドプレイ
ポールマッカートニー
ブルーノ・マース
エミネム
他にもいるみたいですね。

でもこれも賛否両論みたいで
最初から最後まで歌手の声が聞えないで
周りの歌声ばかりだとちょっと??

だいたいアジアで韓国でやって日本とか
その逆とか皆さんするので
すごくよくわかるようで
韓国と日本はあまりにも同じ東洋なのに反応が違う
っていう話みたいです。
それをアメリカのテレビ局で話をした方もおられるそうです。

日本はアーティストが歌ってほしいっていう場面でもそこまで歌わないですし
アーティストの声を聴きに来たんだっていう意識が強いですもんね。
実際に私もネイトとクイーンのコンサート行きましたが
韓国の映像があがってて見たらほんとに
すごい大声でみんなで合わせて歌ってて
日本のコンサートとは違うので
こりゃ歌手もびっくりするだろうなって思いました。


参考
https://www.youtube.com/watch?v=WErvmVlR0o0&list=RDWErvmVlR0o0&start_radio=1

we are young
https://www.youtube.com/watch?v=W4R1lmX2KXU

 キム・ジュンス XIA ジュンス JUNSU 준수

Comment 0

What's new?