キム・ジュンス、「共有の家」→「ミスタートロット」旺盛な活動(共有の家 PD ジュンスへの オファーエピソード)

  18, 2019 01:54
たくさん記事があった時に見逃してしまっていたのですが
渉外したPDのインタビューが載っているものがあったので
訳しました。

ジュンスがどのような気持ちで
共有の家の出演を決めたのかが伺えます。




「10年ぶりの放送鼓舞雰囲気 "...キム・ジュンス、「共有の家」→「ミスタートロット」旺盛な活動[総合]
記事入力2019.12.12 13:38 /記事を修正2019.12.12 14:42

http://www.xportsnews.com/?ac=article_view&entry_id=1209508





[エックスポーツニュースキム・ヒョンジョン記者]歌手兼ミュージカル俳優キム・ジュンスが10年ぶりに地上波放送に出演して話題になった。
11日MBC 2部作のパイロット芸能プログラム「共有の家」が初放送した。スターたちがひとつの家に集まって生活し、自分のものを共有することで、最近、世界的にも話題になった「共有経済」を感じてみるプログラムである。コメディアンパク・ミョンス、ノ・ホンチョル、俳優パクハナ、歌手兼ミュージカル俳優キム・ジュンス、AOAチャンミがひとつの空間に集まって各自共有するアイテムを公開して話を交わした。

その中でもキム・ジュンスは10年ぶりの地上波放送出演なので関心を一身に受けた。キム・ジュンスはしばらくの間、ミュージカルの舞台でファンと会った。復帰作で「共有の家」を選んだキム・ジュンスは、「10年ぶりの放送出演なのに実感が出ない。お茶の間で私の顔を見る時に初めて実感するのではないだろうか。画面に私の顔を見るのが不思議である。芸能人で開始したが、芸能人と呼ばれるのが恥ずかしい。放送に出でこそ芸能人であり、10年間出ることができなかった人がどのように芸能人だと見られますか」と打ち明けた。

家も公開した。ソウル松坡区蚕室にあるキム・ジュンスの家は、一目で見ても広く豪華だった。メンバーたちは「お金持ちではなく、大金持ちだ 」「名品館みたいだ」「格差が感じられる」と感心した。
1576124999273263.jpg


彼はマッサージチェアに座ってマッサージを受けながら木と夜景を見、自然の音を聞きながら思索に沈んだ。メンバー全員のマッサージチェアを切望した。ラーメンを一人で作り、イカをバーナーで焼いて食べた、どこか寂し気だ。キム・ジュンスは、「家にひとりでいるにはちょっと大きいので空虚で虚しい時が多い。最初は一人でいる生活に慣れて楽しかったけれど長くなると寂しいよ。退屈だったところなので(じっと家にいる生活に)新しい刺激になるようだ。楽しい気持ちで臨む」と打ち明けた。

ファンスンギュPDによると、キム・ジュンスは「共有の家」コンセプトに共感して出演を決めた。

ファンPDはエックスポーツニュースに "さまざまな出演陣を交渉しようとし悩んだ。実際にキム・ジュンスは、最後に交渉がされた。気軽に交渉できなかった。放送を嫌いはしないだろうか、無駄足するんじゃないかと半信半疑でミーティングした。一人でいないで出てきて共有しようというコンセプトが気に入ったようだった。本人も10年ぶりに出てくるプログラムであるだけに笑って楽しむの一般的な芸能ではなく、メッセージがある番組に出演したいたようだ。10年間意図したわけではないのに、神秘の中にずっとひとりで生きて来た。「共有の家」コンセプトと合致しながら感謝して出演することになり、快く家も公開した」とキム・ジュンスを交渉した理由を説明した。
1576124654781688.jpg


キム・ジュンスやはり放送が出る当時インスタグラムに「真の長い時間がかかりましたね。皆さんの応援と愛に、今日この瞬間まで持ちこたえることができました。これからも皆様もっと楽しくして笑わせることができように努力したいです。テレビ出るだけでお祝い受けることもかなり皮肉(?)だけれどこれだけ嬉しく呆然とした日も私でさえも、久しぶりですね。ハハ。準備してくれたミンソク テハンありがとう。そして、ファンの皆さんの愛しています。」と喜びを込めた感想を書いた。

正規編成になったらパイロットに続いてキム・ジュンスの姿を見ることができる見通しだ。それだけ「共有の家」に愛情が大きいとのことだ。

ファンスンギュPDは「(正規編成になったら)しばらくは今のメンバーのままにするつもりだ。出演者たちの愛情が相当である。家や車を公開して共有しただけ見ても分かるようにキム・ジュンスが、プログラムに愛情が多い。パク・ミョンスも二日間、夜12時まで撮影したがこのおうに懸命に取り組むのは初めて見た。出演者の意思を聞いてみるとしたいという意思を見せた。正規になると、このメンバーとより面白く簡単ながらも教養局で作成されただけのメッセージがプログラムになりそうだ」と耳打ちした。

1576125042042757.jpg

キム・ジュンスは「共有の家」のほか、TV朝鮮トロットオーディション番組「ミスタートロット」でトロットマスターに合流して放送活動を続けていく。

所属事務所シジェスエンターテイメントはエックスポーツニュースに「10年ぶりに地上波出演という点が真の意味が大きい。キム・ジュンスは「共有の家」初放送を始め、来年1月2日放映予定の「ミスタートロット」で活動量が大きくなる予定である。放送出演に内部的に鼓舞的な雰囲気だ。会社に番組出演に関する問い合わせが、継続的に来ている。スケジュール調整のための確認作業が行われており、今年の活動に基づいて、来年にも旺盛に活動できるように支援する予定"と述べた。

2020年1月に電波に乗る「ミスタートロット」の制作陣もキム・ジュンスが緊張を解いて興を発散したと述べた。 "キム・ジュンスが10年ぶりの芸能出演にも全く緊張したそぶりなく、演歌の舞台を、誰よりも楽しく楽しむ姿に、現場の興さえ盛り上げた。 「ミスタートラウト」を通じて今まで見たことのない、キム・ジュンスの別の、新たな面を発見することができるだろう」と伝えた。 こちらも出演交渉の時のPDの話があります。

[単独]キム・ジュンス、10年ぶりに地上波出演...「共有の家「PD」快く家公開」(総合)

http://osen.mt.co.kr/article/G1111276387


・・・略・・・

キム・ジュンスが10年ぶりに地上波に顔を表わした。本意ではなく1​​0年の間に「神秘主義」になったが、久しぶりに出たキム・ジュンスの姿に視聴者たちは熱狂した。キム・ジュンスは10年ぶりに地上波に顔を出し見せたMBC「共有の家」ファンスンギュPDが、これに関連ビハインドストーリーを伝えた。

去る11日MBCパイロットプログラム「共有の家」が初放送された。 「共有の家」は、スターたちがそれぞれ自分のものをした家で共有しながら、最近話題になっている「共有経済」について感じてみるのプログラム。

「共有の家」は、キム・ジュンスが10年ぶりに再び地上波放送に復帰することになるプログラムで放送前から話題を集めた。この日キム・ジュンスは、自分の家はもちろん、日常と、これまでの本音が込められた率直なインタビューで、10年間、本意ではなく隠してきた魅力を地上波放送を通じて公開した。

この日のVCRを介してキム・ジュンスの生活が一つ一つ公開された。広い家の中で独り言をしたりして、米の代わりにラーメンを煮て食べて、イカを焼いて食べ、ゲームをするなど、普段一人で過ごすときの様子が視聴者と大きく変わらない共感を形成した。特にキム・ジュンスは、自分の「ヒーリングアイテム」は、もちろん、すべてのものを共有し、「共有の終結王」になった。

舞台の上カリスマあふれる姿とは異なり、日常でのキム・ジュンスの姿は、反転の連続だった。パク・ミョンスとノ・ホンチョルのいじりに慌てていた。その一方でキム・ジュンスは出演者たちの言葉に繊細に耳を傾け、「共感妖精」になった。特に放送末尾自分の「共有システム」を使用しているAOAチャンミを見て可愛い表情を見せてくれて、次の放送をより一層期待させた。

「共有の家」で10年ぶりにキム・ジュンスの地上波放送復帰を見せてくれたファンスンギュPDは12日OSENに「ノ・ホンチョル、パク・ミョンス、AOAチャンミ、パク・ハナまで交渉になったが、最後の一桁が空席だった」とし「もうちょっと新しい人、キャラクターはつかんだが、「共有経済」をよく知らない純粋な人を見つけて、久しぶりに顔を映すことができる人であれば良いようだった」と話した。

ファンスンギュPDは "キム・ジュンスと出演を確定させるまで二回の会議をしたが、放送に向けた意志が強かった」とし「10年の間に不本意神秘主義になっていたよ。キム・ジュンスも、「共有の家」も、お互いがウィンウィンになることができたらと提案をした」と述べた。

続いてファンPDは "最初のミーティングをしたのはキム・ジュンスの家だったが、こんなだとは知らなかったのですごく驚いた。事実 「共有アイテム」と所有の生活を見せなければならいので家の公開部分が負担にならないか心配しましたが、快く家も公開すると言っていた」とし「プログラムの企画意図、出演メンバーを言うと興味を示した」と付け加えた。


ファンスンギュPDはキム・ジュンスの「放送意志」を強調した。 10年ぶりに乗り出す地上波放送なので負担になるだろうがキム・ジュンスは、むしろプログラムが与えるメッセージ、コミュニケーションに魅力を感じたとのこと。ファンPDは「10年ぶりに地上波で顔を映すことと、プログラムの企画意図、コンセプト、キム・ジュンスが出てくることができる理由などがよく合ったと思う。一般芸能で見せてくれたキム・ジュンスの姿とは違って、自分が持っている物質、才能、人脈を共有し、人々とコミュニケーションすることで出演を決めたようだ」と話した。

これと共にファンスンギュPDは "キム・ジュンスが、10年の間に少し閉じ込められて暮らすなど淋しかっただろうから、多くの人と会って、様々な活動をすることができるという点も番組出演決定に理由がされていただろうかと思う」と耳打ちした。

キム・ジュンスは12日、自身のインスタグラムに「長い時間がかかった。皆さんの応援と愛に、今日この瞬間まで持ちこたえることができた。これからも皆様もっと楽しくして笑わせることができように努力したい。 TVに出てくるだけでお祝いされることも確かに皮肉がこれだけ嬉しく呆然とした日も私でさえも、久しぶりだ」と所感を明らかにした。

以下略


こちらも内容的には同じです。
一番上と同じ記者さんの記事です。


「共有の家「PD」キム・ジュンス10年ぶりの放送で快く家公開...正規も一緒に"[エクsインタビュー②]


http://www.xportsnews.com/?ac=article_view&entry_id=1209439

 キム・ジュンス XIA

Comment 0

What's new?