[CAC 2020] ソウル ‘新型コロナウイルス感染症防疫’ 世界都市と共有…CACグローバルサミット 6月5日ジュンス参加

  04, 2020 06:51
すごいお知らせが~!!


[CAC 2020] ソウル ‘新型コロナウイルス感染症防疫’ 世界都市と共有…CACグローバルサミット

c9a948340c29f39b8dde3a9ea5f4ac07.jpg


http://mediahub.seoul.go.kr/archives/1282558


CAC(Cities Against Covid-19)グローバルサミット 公式ホームページ
(www.cac2020.or.kr)


コロナ19危機を克服し、ポストコロナ時代に備えなければならない時点です。
ソウル市は6月1日〜5日コロナ19克服の努力を全世界に紹介し、新しい標準都市のビジョンを共有するためのオンライン国際会議「CACグローバルサミット2020」を開催します。世界の都市の市長と世界的な碩学、各分野の専門家など約120人が参加し、防疫はもちろん、気候・環境、文化、公共交通機関、スマート都市などのポストコロナ時代10分野の協力の課題について議論します。コロナに触発された大転換の時代には、協力と連帯だけがコロナ19危機を克服する唯一の道です。
6月1日〜5日前のセッション関係の中でビデオ会議の... 「アンタクト(untact)」方式で、全世界の接続

ピューリッツァー賞受賞作「銃、菌、鉄」の著者ジャレッドダイヤモンドとモスクワ、ジャカルタなど、世界40以上の都市の市場がオンライン国際会議を通じて頭を突き合わせる。 ☞CACグローバルサミット公式ホームページへ

ソウル市がコロナ19危機を克服し、大転換の時代を備えるためのオンラインの国際会議「CAC(Cities Against Covid-19)グローバルサミット2020(CAC Global Summit 2020)」を6月1日〜5日に開催する。世界各国の都市の市長と世界的な碩学、各分野の専門家など約120人が参加し、5日間の集中的な集合知の議論を行う。

特定の分野ではなく、コロナ19が影響を及ぼした社会の全分野をカバーし、世界の都市の対応力を共有する最初の試みだ。関係の中でビデオ会議に進めアンタクト(untact)方式で、全世界をつなぐ。英語と韓国語の同時通訳が提供される。

ソウル市は、世界の都市の要請で、ソウルの防疫政策とノウハウを共有するための英語のオンラインプラットフォーム(CAC Cities Against COVID-19、http://english.seoul.go.kr/covid)を4月9日にオープンして2月新しい600万ビューを突破した。今回の国際会議は、共有を超え、より拡張された協力と連帯の場を設けるという趣旨で企画された。

ソウル市は、市役所多目的ホールに「テレビ会議スタジオ」と大型LEDスクリーンを設置する。


防疫はもちろん、気候・環境、文化、公共交通機関、スマート都市などのポストコロナ時代10分野の協力の課題を都市政府関係者や専門家が頭を突き合わせて話し合う。遠隔教育、都市回復力と持続可能性、ガバナンスなどを話題に議論が行われる。潘基文前国連事務総長も映像祝辞で、国際会議への支持のメッセージを送る。

6月2日に行われる「都市政府市長会議」ではモスクワ、ジャカルタなど、世界40以上の都市の市場が参加する。ソウル市は、都市政府の役割と連携の必要性を強調して感染症対応国際機構の設立を提案する予定です。 「ソウル宣言文」も採用する。基調演説で「パンデミック時代の都市の危機を克服するソウルの提案」を発表する。 3日気候・環境のセッションでは、「ソウル型グリーンニューディール」のビジョンも提示する。

また、4日には、ピューリッツァー賞受賞作「銃、菌、鉄」の著者であり、世界的な文化人類学者ジャレッドダイヤモンド(Jared Mason Diamond)と一対一対談を持つ。ファンデミク以降、人類の未来と都市の対応について議論する。

国際会議のプログラムは、ソウル市公式ユーチューブ(韓国語・英語)を使用して韓国語‧英語(同時通訳)に生中継され、世界の人々が同時に視聴することができる。世界105カ国の1億3,800万の視聴者を保有しているグローバル衛星放送「アリランTV」からも送出される。

YouTubeの生中継は、ソウル市公式ユーチューブ(国文:https://www.youtube.com/seoullive、英文:https://www.youtube.com/seoulcityofficial)で中継スケジュールに従って見ることができる。生中継が終わった後も再びビューを介していつでも視聴可能である。

ソウル市は、今回の国際会議のために視聴多目的ホールに「テレビ会議スタジオ」と大型LEDスクリーンを設置する。海外参加者は市場の執務室や自分の書斎など、どこでもビデオ会議を介して参加することができる。

スタジオは徹底した防疫過程を経て設置される。体温とマスクの着用の確認が完了した発表者とスタッフなど、普段多目的ホール収容人数の10%先人50人内外のみ入場が許可される。


気候環境、文化などのポストコロナ10分野の協力の課題議論...韓国語・英語生中継

「CACグローバルサミット2020」は、「CACの共有、協力、連帯」というテーマの下、合計15個のセッションで開かれる。代表スローガンは「Together We Stand」だ。


初日(6.1)|フリーサミット


初日の6月1日の前夜祭に対応する「フリーサミットデー」(Pre-Summit day)が開かれる。イリヤベラコープ(ロシア)、スーザン(ネパール)、アンコード(英国)など韓国に住んでいる外国人インフルオンソがコロナ19関連生活防疫を紹介し、自国の友人をビデオ会議に接続し、自由に行われる。


二日目(6.2)|都市政府市長会議


2日には「都市政府市長会議」が開かれる。パク・ウォンスン市長基調講演、「ソウル宣言文」を採用とともに大陸別の主要都市のコロナ19対応事例が発表される。

3日〜5日には10個の分野のセッション単位の議論が集中的に行われる。ソウル市の各分野政策を総括する公務員たちも参加し、ソウル市の防疫ノウハウを積極的に共有する。


三日目(6.3)|気候・環境、防疫、教育、都市の共有、市民参加


3日気候・環境分野のセッションでは、「気候変動が触発したコロナ、その後社会大転換考察」をテーマに朴元淳市長、チェ・ジェチョン梨花客員教授、「道徳経済学」の著者であるサミュエル・ボウルズ(Samuel Stebbins Bowles)の発表と討論が続く。

この他にも3日、「防疫」セッションでは、ナベクチュソウル市民の健康局長がソウル市コロナ19対応事例を発表し、アメリカLAなどの都市別の責任者が対応事例を共有する。 「教育」「都市共有」セッションでは、それぞれのポストコロナ時代の遠隔教育、都市回復力と持続可能性について集中的に議論する。

特に「市民参加」の分野では、市民社会、村の共同体と一緒にコロナ対応事例、ソウル市が市民が参加できるように、タイムリーに情報を共有した方法などが紹介される。


四日目(6.4)|著名人の碩学対談、文化、福祉、公共交通機関


4日には文化芸術、福祉、公共交通機関の分野のセッションも用意される。特に、災害状況での公共の役割を模索する「福祉」のセッションでは、コロナ19のような感染症の局面で脆弱階層の福祉がどのように行われなければかどうかを議論する。ソウル市の「災害緊急生活費」のサポートを紹介し、地域社会福祉機関の対応事例、普遍的福祉のための「ケアSOSセンター」の役割などについて発表もつながる。
「文化芸術」分野では、ソウル市と海外の主要都市の非対面公演事例を紹介し、ポストコロナ時代の文化芸術の発展の方向について議論する。


五日(6.5)|総合対談、スマート都市、革新的な企業IR、体育


最終日の5日には、グローバルサミットの成果を総評して、今後の課題を議論する「総合対談」が開かれる。 ICT技術を活用した都市のコロナ対応事例、安全なプロの戦い運営のための防疫対策なども議論される。

ソウル市は、今回の国際会議で、「革新的な企業IR(Investor Relations)」も設け有望企業の投資誘致を全面支援する。 IT基盤アンタクト企業、医学・医療機器企業などのコロナ以降注目されているバイオ医療、アンタクト分野の革新企業20社を全世界に紹介する。

ソウル市は、今回の「CACグローバルサミット2020」を防疫だけでなく、社会の全分野でソウルが世界の「標準的な都市」に跳躍する契機にするという目標だ。また、「スマート都市ソウル」「安全特別ソウル」「グリーン都市ソウル」のブランドを確固たるものにする計画だ。


ジュンスがパネラーとして参加する対談は

Global Summit Discussion Forum
Day 5
June 5 (Fri.)
Time : 10:00~11:00


http://eng.cac2020.or.kr/niabbs5/inc.php?inc=daypro


コメント 2020-06-04 064059


コメント 2020-06-03 190940


YouTubeの生中継は、ソウル市公式ユーチューブ(韓国語:https://www.youtube.com/seoullive、英語:https://www.youtube.com/seoulcityofficial
で中継スケジュールに従って見ることができる。生中継が終わった後も再びビューを介していつでも視聴可能である。

ライブ中継をリアルタイムでして
アーカイブも残されるようですね!


どんな話をするんでしょう~

それにしてもすごい!!

検査をたくさんしたので感染者数は多くなり最初のころは心配されましたが
その多さがあるからまたこうやって
抑え込んだというアピールにもなり
世界の都市から注目され
それをまたこのような形で中心にして引っ張っていこうとするアイデアというか
技術力もすごいですよね。

そこにジュンスも参加するというのも
まともにミュージカルという人があつまる劇場などで生業としている人たちは
これからの変化による経済的な損失をまともに食らうでしょうし
実際にこれまでも大変だったでしょうし
さらにアーティストとして
コンサートを中心としてやっていく歌手としては
これからどうしていくかという事を
いろいろ考えていることがあると思いますので
そんな話を聞けるといいなって思います。

楽しみです~


 キム・ジュンス XIA ジュンス JUNSU 준수 ミュージカル

Comment 0

What's new?