過去記事 シアソウルより

  26, 2014 10:50
埋もれてしまってご存知ない方もおられると思うので今日の日に引っ張り出して読んでみました~
こちら昔のシアワンダより



けっこうな記事数になってしまい重いというお話があって新しくこちらにしたんですけど
本当にいろいろ思い出のつまったブログではありますね~
時々自分でも行ってみたりするとけっこう忘れてることも多いですが・・
とにかくシアソウルさんの記事は本当にすばらしかったですね。
イントキシケーションのレビューもほんとすごかった~~!!






韓国の方から、こんな素敵な内容があるので、日本のジュンスのファンの方たちに教えてあげて下さいって教えてもらいました。ありがとうございます。私、ちょっと見逃すところだったかもしれません~~良かったです!!


XIAH SOULの中のSAY XIAHより

偉大なる誕生Xiahzart中- Outro

人々は人生を演劇に比喩したりします。
生と死の間隙に演劇的な要素が含まれているという意でしょう。
言い換えれば,時には舞台の上に上げられる劇一つに許諾された2,3時間の間、数十年を通じてなされる人の歴史が圧縮されて描かれるという意味になるでしょう。

全てが全てではないように、すべての人生を演劇に比喩することはできないでしょう。
同じように、観客らがすべての演劇で'人生'を経験することは、また違うでしょう。
生きていくということの、そのささいではあるが圧倒的な威厳の前で、一回ぐらいはひざまずいてみたことがある人々,その偉大な在り来たりなことを、2,3時間の劇が,そのストーリーが,それがあるいは普通の演劇よりダイナミックなミュージカルだといっても,まっすぐにすべて見せることは容易ではないことだろう。

'モーツァルト'
私たちは三時間余りの時間を貫いて、ずっとどある一つの'人生'と向き合って座っていた気持ちでした。
その理由が、このミュージカルがただモーツァルトという数奇な天才の人生を描き出しているだけではないはずです。
舞台の上で時間と空間を超越して行った力,モーツァルトの時代で数百年を瞬間的にタイムスリップさせたエネルギー,今が'今'でなく私が'私'でないように感じさせるようにしたその凄じい吸引力が舞台に立ったすべての俳優らの歌と表情とからだで吹き出てきて一つの巨大な波で織り成す姿を私たちは見ました。
すべての俳優らがそれ自体'起承転結'であり'生老病死'でした。
そして私たちは一つの誕生と消滅も,見ることができました。

あえて言ってみれば,私たちはこのミュージカルの観客という一つの要素として参加できたことを深い光栄と考えます。
私たちが'モーツァルト'を通じて向き合ったその'人生'は、私たち一人一人の人生のある部分を具体的に明らかな方法で発火させてくれました。
(ちょっとここ少し訳せませんでした。)自信のない退屈で惰性的な日常を生きていた私たちに,'モーツァルト'とは,楽しかったし,熱かったです。

心よりありがとうございます。






3月8日に、シアソウルであがっていたもので!シアソウルで、テグの千秋楽に、スタッフや、キャストの皆さんに感謝の気持ちを伝えようということで、”モーツァルト 記念ブック”というものを作って、みなさんに送ったという記事がありました。
とてもよく出来ていて、ほんと!私も欲しい~~、叶わなければ、見て見たい~って思うような素敵な冊子に出来上がっていて。

その冊子の題名が ”偉大なる誕生”なんです。



それに色んなものをつけてプレゼントしたみたいです。
さすが、韓国のシャパーさんたちはやることが凄いな~とてもかなわないし。。
そして、能力もある方がたくさんだし、そして心情もはんぱないから。これだけの事ができるんだなって感激してたんです。


上の文章はその冊子に書かれている文章です。本当に、素敵な文章ですね。
写真でみるとはこんな感じ。。。

0001.jpg
003.jpg
004.jpg
005.jpg
006.jpg
007.jpg





で話はここで終わらないのです。



今朝ですかね~~


なんと、なんと!!!


この文読んで~~ドキドキ!凄いです~~



SAY XIAHに書き込まれたものです。





私は.........ナンネールです^^*


〓nannerl 04-09



うん?.......まず.......こんにちは。......?

私は......ミュージカル モーツァルトでヴォルフガングの姉役を演技した.....

俳優.....ペ・ヘソン......といいます.......^^

こちらに入ってきて前もってご挨拶したかったのですが、.......

私の個人的な事情もあったし.......

私がPCと親しくなくて......##

(実はこちらに文を残すのがいいのかもよく~~~分からないんです.....ふふふ)

私が不意になぜ尋ねてきたのか気になるでしょう......? ふふ

公演する間私の弟だったジュンス様を通じて知ることになった

シアソウル家族方々の暖かい配慮と真心に充ちたハガキたち......

忘れることができない有難い言葉......全部全部みな感謝申し上げるという言葉を......

必ず~~~必ず~~~~伝えたかったのです。.......!!!

何よりこの世の中にただ一つしかない大事な贈り物.......

'偉大なる誕生'を作って下さって、感動の熱気が感じられる写真と

私たちよりもっと作品をよく理解して文を書いて下さった方々.......本当にありがとうございます

皆さん.....1人1人が真心を込めて書かれた感動の文は.......

本当に一生~~~~忘れることのできない大きい贈り物になるでしょう!!!

これは......実話なのですが.......

大邱公演でしょうか.....私がこの本をいただいて.......

いや私たち皆が本当に大きな感動を受けて感激していたのですが.....

公演終わらせてホテルに帰って、物静かに見たかったのですが.......

とうてい気になるということを耐えることができなくて広げて......思わず........

本にとっぷり~~~~陥って私の登場をのがすところだったんですよ.....ヒュ~~~~

そしてインターミッションの時また皆さんが私に書かれた文を読んで......

一言一言...真心が含んでいる文等に胸が熱く込み上げて.......

物凄く~~泣いて.....涙が止まらなくて......

本当に観客の心を泣かせなければならない'王子は出て行った'を歌う時.......

喉がつまってその日歌みんなダメにして.....いらして下さった観客の方々に.....

本当に申し訳なくて......俳優たちに物凄く冷やかされてしまったんですよ......うふふふ

このあらゆることが全部、あ~~~~~~~~~皆さんのせいです!!!!

私がとても感謝してジュンス様にどのようにすればこの感謝の気持ちを伝えられるか......

尋ねたところ......ここに文を残せば皆見ることができると......

その間とてもいろいろなことがあったのですが.......

忘れないでいて今になって私の心を伝えようと思います~~~!

私どものチームを代表してもう一度感謝申し上げますね.....

これからも皆さん、皆健康で.......

美しい音楽とジュンス様を通じて夢を見て......

その夢を探すシアソウル家族方々になられることをお祈りします.....

突然な自分の訪問を歓迎して下さったと思いながら.......

いつになるのかは分かりませんが......またまた遊びにきます

私は素敵な公演でまたご挨拶します......

その間、とても本当にありがとうございます~~~~~~~^^*







ナンネールのベ・ヘソンさんが直接シアソウルにお礼の言葉を書いてくださったんですね。。

本文ここです。

それも、これも、本当に、ジュンスのファンって凄すぎる!!



そしてもうひとつありますよ!!


同じくXIAH SOULのsay xiahより~~





ミュージカル俳優キム・ジュンス


〓ミュージカルマニア03-20

ミュージカル[モーツァルト]は今でも地方公演の真っ最中なのですが、シャチャルトは3月7日大邱(テグ)公演が最後なので、とても惜しかったです。
こちらの方たちもシャチャルトの残像にたくさん惜しむ感じが伝えられてますね。

文を書くボタンを押すまで簡単ではなかったのだがやはりどんな話から書くべきなのか解りません。
ミュージカル俳優ファンページにシャチャルトのレビューを少し短く上げたのですが、どなたかがメッセージを下さいましたね。ジュンス君のファンだということを明らかにしてシャチャルトに対する良い評をありがたく思うと東方神起というグループの中のジュンス君に対して知りたがっていた私に日本コンサート映像らを送ってくれ始められました。
メールをやり取りして自然にジュンス君に対する話を交わしていた途中その方がシアソウルというファンページにシャチャルトゥをみた客観的なレビューを残してくれたら嬉しいとおしゃって勇気を出して何文字か書きます^^

今回のモーツァルトを通じてミュージカルの魅力に多く陥られたでしょう?
私も早くからこの魅力にポチャンと陥って10年目ミュジカルホリック中です^^ミュージカルの側にももちろん特定俳優を応援する俳優様の個人ファンページがあって、公演が上がれば平均10回以上観覧するのがほとんどの文化で軌道に乗っています。
一回にすべての魅力を発散するコンサートとは違いミュージカルは同じ場面,歌,セリフ、引き続き反復されるが10度を見ても10度全部違った感じです。
それでその高いチケット値段を耐えても魔力のように公演会場を探すことになります。
そして単冠という文化があってチケット オープン時点にダブル キャスティング日程を見て好きな俳優様の公演日ファンページではあらかじめ単冠で初めての公演と最後の公演は基本で、中間は追加で何回かの公演を企画会社を通じてホールディングしてと申請を受けて一緒に集まってみて俳優様を応援します。

私が好む俳優様も今回のモーツァルトに出演して通常の時のようにソウル1次公演オープン前に俳優様の初めての公演と最後の公演をホールディングしました。 おわかりの通り本来キャスティングされたチョ・ソンモ氏でしたよ。 この部分で最近ミュージカルマニアらの間でのスターマーケティングはある作品にもきれいでありません。 企画会社とマニアらの間での神経戦もたくさんあるがこの頃新しく上がるミュージカル作品で芸能人キャスティングがない公演は珍しいようです。
わずか何年前までしてもミュージカルはいわゆるマニア層だけ楽しむ高級文化生活で分類されたが報道機関らを通じて一般観客らに魅力あるジャンルに位置してとても大衆的な人気をたくさん引っ張り始めましたよ。 その出発点はチョ・スンウ氏が2005年度に超然とした<ジキルアンドハイド>です。
チケットオープン一日でに売り切れる事例は前例がなかったことだと大きいイシューになりましたね。
幸いにもチョ・スンウ氏は実力まで整えていて公演もものすごく成功的でした。
その後芸能人らのミュージカル進出が急速化されたようです。

だがチョ・スンウ氏だけに努力と実力で挑戦した方々は珍しく、大部分企画会社でチケットパワーを狙って大衆的認知度が高い方々でキャスティングしたし最近ではいわゆる話すアイドル歌手らもミュージカルにたくさん挑戦しているけれどミュージカル マニアらの間では決して歓迎されることができないのが事実です。
今回の作品を見てご存知でしょうがミュージカル ナンバーは普通歌謡とまた他のジャンルです。
そのまま歌をほどほどにできるとして生半可に挑戦して背を向ける芸能人らもたくさんいましたよ。
舞台の上の魅力に陥って本当に熱心にして初めてより多く発展した方々ももちろんありましたよ。
それでもミュージカル マニアらの希望はチケット販売に汲々とした企画会社らがミュージカル俳優と芸能人の不当なギャランティー比率とキャスティングだけ信じて公演のクォリティーを落とす横行に段々とターマーケティングに拒否感が高まるように作ってしまったのがこの頃の現実です。

公演が上げられる前この作品をあらかじめ会ってみた結果チョ・ソンモ氏のキャsyティングも理解できましたよ。 感性的で美声の高音が多いナンバーらが主をなす作品だとかなりよく似合うキャスティングだと考えました。
この頃はどうせ作品ごとに芸能人キャスティングを避けることができないのが現実だから、完全にとんでもないキャスティングよりは幸いなように見えたんです。
チケット オープンまでなった状況でチョ・ソンモ氏が急に負傷にあって何週間未定だったモーツァルト役にジュンス君がキャスティングされたという報せに接した日とんでもない連絡に夜明けに電話とメールでテロにあいました。
偶然にも私どもの単冠が捕えられた日未定だったモーツァルト役がジュンス君でさっと征夷されて単冠座席で残るのがあれば連絡くれという方々でした。

[東方神起]というグループは知っていたが知っている歌とは<風船>しかありませんでしたね!
その日からモーツァルト公式ホームにジュンス君のファンたちが途方もない関心を見せられたし私たちは公演も上がる前に心より心配しました。 公演会場が何かコンサート会場になりはしないかという不安だということのためです。 その時が公演が一ヶ月もまだ残っていない時だったのですがその時から練習していったいどんな舞台を見せるか本当にあきれるという反応であったし大部分のマニア層では不平と不満が多かったんですよ。
私もやはりシアジュンスという歌手に対して知っていることがなかったし明け方のテロにちょっと不快な状態でした。 ところでジュンス君が、ミュージカル界に新しい歴史を一つ残した世宗(セジョン)文化会館3千席20回全席全回売り切れ! チョ・スンウ氏以後本当に最高の事件でした。
とにかくこのように登場したジュンス君,片方ではファンたちのときめく期待感でまた他の片方ではミュージカル マニアらの不快な心配で初めての公演舞台に立ちました。

1月26日世宗文化会館はある公演の時より多い人波と揺れる雰囲気でしたよ。
ミュージカル見てチケットを外で受けて入ることは初めてであったし,警護員らが公演会場あちこちに布陣した光景も初めてでしたね。 公演会場中に入った時3階までぎゅっと埋めた観客等を見て感嘆の声がひとりでに出てきましたよ。 ワォー東方神起が本当にすごいグループでもあるようだという考えて唯一の単冠繋いだので1列目のちょうど真ん中に座ってシャチャルトの初めての公演を見ました。 初めての曲<真っ赤なコート>は最後のコンサートが終わった今でもジュンス君が捉えた音がとても低音なのでセリフの伝達が最も残念な曲ですね。
直ぐに繋いだ<私は私は音楽>が終わってそばの一行らと同時に同じ目つきをやり取りしました。 "オ~オ~かなりうまく歌うんだね?"ある程度満足だった1幕が終わってインターミッションの時ある記者の方がインタビューをしに来られました。
ジュンス君の初めての公演なのに一番初めての列で見ている観客方々だとどんな関係なのか気になって演技と歌に対する感想らと何点程度与えることができるのか尋ねられましたよ。

ひとまず私どもはジュンス君のファンではなくてミュージカルを愛する人たちなのだけど単願でこの座席をホールディングしたが残念なことによって俳優様が公演をできなくなって気に障る。 だが1幕を見た所感を話そうとするなら憂慮して心配したことより初めての公演としては本当に上手にするようだと話しました。
(本当に驚いたのが練習期間も短かったが動線や、歌,セリフを一つも違わなかったことでしょう! ひとまず舞台吸収力は持って生まれたようだと考えました。)
だがミュージカル俳優らの発声になじむ私どもらではどうしても歌と代謝する時のティクションがたくさん不足した点と,ぎこちない演技と表現力などの指摘事項を申し上げたんですね。点数を話されるので私が70点程度と話をしたのだけど、知人らの驚いた顔! (とても多く与えたという意味でしたよ! )だが私は、本当その程度点数は充分だと考える程満足だったんですよ。
落第点芸能人もたくさん見たと記者の方に申し上げたところ誰かと具体的に話してくれと言われたがその方もその人なりに努力されたのにとても話すことができなかったんですよ!
そして2幕が始まったが1幕が初めての公演の感じならば2幕は数回公演した後に現れるそうな発展した姿でした。 公演が終わってユ・ギソン監督様に聞いた話なのですが、1幕が終わって監督様が数種類指摘しましたが2幕でまさに指摘事項を直して見せたとの! その時から監督様は吸収力がとてもはやいと天才としました^^

そのようにジュンス様の初めての公演を見てダブル キャスティングのウンチャルト,コンチャルト,イムチャルトを次々に見たが全部うとうとしたという@.@私の自らも本当に驚くべきであることでした。
私はすでにシャチャルトゥに陥ってしまったことなのでしょう。 他のモーツァルトを見る時はずっと眠くなるのに、シャチャルトを見る時は毎公演の時ごとに発展した姿を発見とは感心しない訳には行きませんでした。 ファンの方々が違うミュージカル同好会でジュンス君をたくさん低評価とあると心配しているのにマニア層で見ればどうしてもまだミュージカル俳優らとはギャップがあるティクションと、歌謡のような発声が大きな問題でしたよ。 公演を見ないで無条件芸能人だからという色眼鏡をかけて見る方々ももちろんあったんですって。 チョン・ソンア氏と歌うデュエット曲では確かにジュンス君のボイスが埋もれてしまうのは事実です。 チョン・ソンア氏が違う作品ではそのキーよりはるかに高くてパワフルな声なのにジュンス君と歌う時はたくさん押して歌うという感じですね。
(ミュージカルを見る方らが歌手がミュージカルをする時最も不満そうだと考える部分は、バイブレイションが強いということなのだが、ジュンス君はその部分ではとても高い点数を送りたいです。 歌に技巧を働かせることよりは歌詞を正確に把握して伝達する力があります)だが,この全ての部分は、悲しく思わなくてもかまわなそうです。 個人的な好みの違いですから。
ミュージカルだけ見てきた私も他のミュージカル俳優様よりシャチャルトがさらに引かれるのを見れば、絶対的な個人の好みです。 私どものホーム家族らはシャチャルト マニアたちでいっぱいですよ!
難しく20日最後の公演のチケットを手に入れてみたがその日が真に最後の公演と同じでした。
21日は俳優様最後の公演だとコンチャルトゥを見たがまたうとうとしてしまって、何ですか。
舞台挨拶しに来たジュンス君を見て睡眠がさっと逃げましたが^^インターミッションの時全部全部コンチャルトゥもシャチャルトゥでオーバーラップされてみてすべてのナンバーがジュンス君の声に聞こえるという反応だったそうです! そして皆叫びましたよ! シャチャルトゥが真理なの!

客観的な視覚で見たシャチャルトは曲解釈力と演技に本当に驚きました。
会を繰り返すほどジュンスくんもアドリブと演技のディテールな部分に多くの変化が見えましたよ。 個人的に最も好む<なぜ私を愛してくれないの>から暴風涙吐き出して切なる演技と歌で観客らの涙を流しお父さんの死の前にひざまずいて聖堂で歌を歌う時は胸をえぐられる感じでした。
直ぐ続く分裂症演技は本当に最高でした。 子供の声と不安にぎっしり埋まった荒っぽいモーツァルトの声をかわるがわる表現した場面は<ジキルアンドハイド>という作品であまりにも有名なジキルとハイドを交替して歌う<コンプロンテイション>というナンバーがあって本当によく消化しそうだという考えになりましたよ


他のモーツァルトと比較してみた結果シャチャルトだけの場面らがあって確かに差別化された感じでした。 多くの方々が言及された<なぜ私を愛してくれないの>でアマデを強く抱く場面やシャチャルトゥに対する評が良くないマニアらの間でも最高に認められた場面の<トン ムドゥン テジコリ>そして、多くの方々がシャチャルトゥが一番よく表現したと話すママの死の場面です。 劇中最もモーツァルト らしいモーツァルトと評価されただけママの死の前に子供のようにしくしく泣く場面を最も自然に表現したようです。 無尽蔵なジュンス君の幅広い演技変身期待してみます。
ミン・ヨンギ俳優様が表現された<全身で全霊で歌う>この表現が本当に最高の賛辞であり正解であるようです

そして序盤にはたくさんついていかなかったパワーが最後の公演の頃たくさんついたようです。
昨年にワールドスター ピもみな満たすことが出来ない日本の東京ドームをぎゅっと埋めたコンサートをしたと聞きました。 その大きい公演会場で公演をした歌手であるが、はるかに小さい世宗(セジョン)では初めてする演技と歌で観客らとまさに疎通する舞台とまた他の震えがあったでしょう。 世宗(セジョン)初めての公演が終わってカーテンコールの時一気に出てくる客席の歓声にとても驚きました。
私どもがあらかじめ心配したアイドル ファンクラブに対する偏見はきれいに消えて同じ公演を観覧した観客として舞台の上の俳優様に惜しまない拍手と歓呼を送るマナーに本当に驚きました。 ペ・ヘソン俳優様の涙を見たんですか?
カーテンコールの時ぐっと来たそうです。 そしてこれは余談ですが女優様がひとつの扮装室を使っているのですが、ジュンス君が公演する日ならば本人のシーンが終わって扮装室に集まってモニターを通じてジュンス君の演技と歌を見て毎日泣かれたといいますね。 それだけ俳優様たちの感受性まで奪ってしまう真心に充ちた演技と歌で最善を尽くしたという証拠でしょう。20日最後の公演が終わって俳優様と反省会をしている時にモーツァルト俳優様全体にジュンス君がメールを送りましたよ。 不足した自分のために非常に大変だったであろうに最後の公演まで一緒にして下さって感謝するという内容の文字でした。 俳優様が他の俳優らの称賛にケチなことで有名な分なのにジュンス君の称賛は口がすっぱくなるほどしましたよ。
俳優様はもちろん、周辺の方らが本当にたくさん惜しんで愛するという感じを受けました^^


大邱(テグ)公演まで格好良くけじめを付けたミュージカル俳優キム・ジュンス君に心より拍手を送ります。
ミュージカルは再公演をたくさんするのに絶対初演の感動についてこれなかったんですよ。
モーツァルト初演でシャチャルトと共にひとつも大切な思い出に残るように願いますね,アーティストでも素敵な活動期待します! 余裕になるならば次もミュージカル舞台で会ったらいいですね。 ファンの方々もこれから他のミュージカル作品たくさん見られると良いですね^^ジュンス君によく似合いそうな作品を推薦しようとするなら<三銃士>のダルタニアン役です。
今年11月から再公演をするのに可愛くて愛らしいダルタニアンジュンス!
なぜか期待してみたいですね!
私がファンページにはこのように心おきなくジュンスくんの話をすることができなくてこちらにきてこのように長く愚痴をして行きますね。
もうちょっと気がせいせいしたようです! 5月にあるミュージカル授賞式でジュンス君の新人賞もちょっと期待してみてこれからミュージカル公演会場でも会いましょうね^^






わ~そのあと新人賞もとりましたし~
なんとエリザベートでは主演男優賞までTT

そしてますますジュンスのミュージカル愛もすごくて
アーティストとしての力をどんどんつけていっていますね。

いつも自分の声と戦っている。。
本当にそう思います。

エリザベートの再演もすごいなんか変わった!って思ったし(行ってないんですけどね・・ちょっと歌ってる音声を聴いて)
なんかいつもわ!また進化してるって思うことがいつもあります。
インクレのときの出だしのnoreasonもほら自分こんな声を獲得したぞ!といわんばかりでしたもんね~
鳥肌たったのを覚えてます。



 XIA キム・ジュンス JUNSU ミュージカル

Comment 4

tomo  

本当に素晴らしいです

usappiさん、こんにちは^^。
今日はどっぷりシャチャルトに浸りたい気分でした。
この二つの記事文は以前よませていただいたことがあります。本当に嬉しくってたまりませんでした。
また久しぶりに改めて読むことができました。ありがとうございます。
ジュンスが不安がいっぱいの中。。。でも思いきって飛びこんでくれたミュージカルの世界。
初演シャチャルトも天国の涙も初演シャトートもシャジウクも観ることは叶いませんでしたが、やっぱり宝物です。
だから毎年お祝いしたいです。ジュンスにおめでとうとありがとうを伝えたいです^^。

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
sigiko  

感動がよみがえりました。

usappiさん こんばんは。
私も以前読ませていただきました。
ジュンスさんがミュージカルデビューをしたあの日の感動がよみがえってきました。
あの時、ただただジュンスさんが又歌えるという事が嬉しくて、やり遂げたその姿に感動して涙涙でした。
あれから4年、主演男優賞まで受賞してジュンスさん本当に素晴らしいです。
いつも謙虚で一生懸命努力している姿が周りの人の心を動かすのでしょうね。
ずっとずっと変わらず永遠に応援していきます。


Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

What's new?